アトラスコプコレンタルオーストラリアが大規模なパイプ試験および不活性化プロジェクトをお客様が獲得するために追加の設備を提供しています。

ベルギー・アントワープ、2015年6月:西オーストラリア州のPlutoガス製造所が、大規模なパイプ試験と不活性化プロジェクトのために23,500 cfmのエアの供給と純度95~97%の窒素をEnermechに要求しました。Enermechは直ちにアトラスコプコレンタルオーストラリアに連絡して、自社設備を補完するためにどのようなサポートが提供可能かを尋ねました。

2015/06/09

この2社のビジネスパートナーは提携して複数のプロジェクトを共同で成功させた実績があり、当社が最初に連絡を受けたのはそのためです。 地域の液化天然ガスプラントの運転停止を完了させ、不活性化と浄化を行いました。浄化とクリーニングをサポートするためにすべての補助設備と加熱器N2に空気を供給します。この運転停止は、6週間実施され、中間に小規模な閉鎖も予定されていました。スケジュールどおりに運転停止を完了するために、信頼性が最重要課題です。プロジェクト進めるにあたってコミュニケーションが重要であることに気づきました。プロジェクトチームが形成され、下準備から停止期間中を通じて数ヶ月間週1回のミーティングを行い、事故やダウンタイムがないことを確認しました。

アトラスコプコレンタルは、18基のコンプレッサからなる構成で23,500 cfm @ 25 barを提供しました。これには、2基のTwin Airユニットと1基の6.2m BTU蒸気ボイラが含まれており、プロジェクトのあらゆる局面のサポートを可能にしました。これらの設備は、Enermechの自社の窒素メンブレンにすべての空気を共有しています。窒素はその後熱交換機を通り、アトラスコプコレンタルの蒸気ボイラによって加熱され、ガスプラントラインに直接注入されます。アトラスコプコレンタルはさらに、コンプレッサ技術者とボイラオペレータも派遣し、24時間無休で運転停止をサポートし、ダウンタイムが発生した場合でも最小限に抑えられるようにしました。このプロジェクトの完了後、今後の業務提携のためにEnermechとアトラスコプコレンタルオーストラリアの間で枠組み協定が締結されました。

近くに当社の支社が置かれていることもあり、Plutoガスプラントはアトラスコプコレンタルオーストリアと長い安定した関係を築いています。これは確かに成功要因の1つでした。当社は、Enermechと協力し、ローカル部門を活用して、集中化と組み立てを済ませた後で現場に持ち込みました。

“運転停止の最初の半分は、スケジュールの2日前に成功裏に完了しました。レンタル機器は問題なく稼動し、クライアントからも感謝されました。”

Ken Hodges, パースのアトラスコプコレンタル西オーストラリア州ビジネスマネジャー

“当社の専門知識、輸送力、多数の拠点が重要な役割を果たしたことは明確です。これらのすべての要因の組み合わせにより、このプロジェクトを獲得するために必要な競争力が得られました。”

David Irwin, アトラスコプコレンタル・オーストラリアマーケティングマネジャー

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。


アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具と設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界各地の各業界の顧客に、エアコンプレッサ、窒素、蒸気、および電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。