アトラスコプコレンタル・チリがチュキカマタ銅山での7年間無事故に対して表彰される

2015年11月24日、ベルギー・アントワープ:Chilean Mutual de Seguridadは2015年10月15日、作業場所の安全性向上のための継続的な取り組みと、そのことがCodelcoのチュキカマタ銅山での7年間の無事故達成につながったという事実に対して、アトラスコプコレンタルを表彰しました。

2015/11/24

Mutual de Seguridad de la Camara Chilenaは、職場の安全と予防に専念する民間の非営利団体です。彼らは、チリでリスク予防プログラムを開発し、職場での事故による被害を受けた作業者まで完全にカバーする保険を提供しています。この組織は、サンティアゴに特別な病院も所有しています。この組織は、チリで作業者の安全保証のために大きく努力している企業を定期的に表彰しています。チリには数多くの鉱山があり、それは常に危険を伴う仕事であるうえ、この国は地震に対して非常に敏感になっています。職場の安全の重要性を強調するのは当然のことです。アトラスコプコレンタルの地域マネジャーValeria Corralは非常に感謝しています。

“我々は、Mutual de Seguridadが同じ関心事を持つパートナーとして我々を認め、表彰に値すると考えてくれたと聞いて光栄に思いました。職場の安全は長年にわたりアトラスコプコグループの重要な柱です。この結果としてのチュキカマタ銅山のような危険の多い作業環境での7年間無事故の達成は最高の報酬であり、またこの表彰より光栄なことはありません。”

Valeria Corral

カラマでの表彰セレモニーのときに、Valeria Corralが当社のビジョンは事故をなくすことだと説明しました。

“我々の成功は契約従業員のおかげです。彼らの安全と健康への取り組みのおかげでこの重要なマイルストーンを達成することができました。この賞は、過去7年間に歩んだステップが認められただけではありません。このプロジェクトでの安全管理への継続的な取り組みのための動機付けにもなり、この経験をすべてのプロジェクトに活かすことを勧めてくれます。”

Valeria Corral

仕事の仕方 我々は、チュキカマタの契約を結ぶとすぐに、銅山での作業方法の開発における3つの主な基盤を確立しました。

採掘の危険を考慮し、これらの危険に関連するリスクをコントロールするための計画とプロトコルを事前に実装しました。これらのコントロールを適用して浸透度合を確認する方法を開発しました。我々のミッションは、すべての従業員のための健全な作業環境を促進および構築すること、さらにセルフケア、予防、および健康被害の管理を促進するためにビジネス管理に安全と労働衛生を組み込むことであり、それは今後も変わりません。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。


アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具とアセンブリシステムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、エルゴノミクスを重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界各地の各業界の顧客に、エアコンプレッサ、窒素、蒸気、および電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。