アトラスコプコレンタルの泡のカーテンが海洋生物を守る

2015年11月13日、ベルギー・アントワープ:海上風力タービンの建設中には、水中で大きな騒音が発生し、海洋生物に悪影響を与えます。海獣を保護するために、建設現場の周囲に泡のカーテンが設置されます。このカーテンに必要なオイルフリーのエアはアトラスコプコレンタルが供給しています。最近では、北海のGode Windプロジェクトで13基のオイルフリーエアコンプレッサが使用されました。

2015/11/13

海上風力発電所の建設:騒音が発生する事業 これらの風力タービンの建設には強固で安定した基礎が必要です。これは、海上タービンが強風や荒波のような過酷な気象条件にさらされるためです。海上タービン1台の基礎のために、3~4本の杭を海底に打ち込む必要があります。各杭の重量は250~420トンで、長さは86 mあり、そのうちの35~40 mを地中に打ち込む必要があります。杭打ち作業中には、海中の騒音レベルが160 dB(A)以上、その速度は最大1500 m/sにもなります。

気泡は水面下の騒音レベルを90%低減 これらの騒音レベルは空気中の5倍の大きさになるため、海洋生物を害し、殺すことさえあります。水面下の音のレベルが少し大きくなるだけで、超音波でコミュニケーションを取るイルカや鯨が方向感覚を失い、食物の探索や子育てを行う海域から離れてしまう可能性があります。水面下の騒音レベルを軽減するために、いわゆる「泡のカーテン」が建設現場の周囲の海底に設置されます。この泡のカーテンにより、騒音レベルを90%以上軽減して海洋生物を保護できます。

泡を作り出すための100%オイルフリーエア 泡を作り出すための空気は、アトラスコプコレンタルの100%オイルフリーエアコンプレッサによって供給されます。ハンマーを設置する前に、各杭の周囲の海底に穴の開いたホースが設置されます。このホースはコンプレッサに接続されます。コンプレッサが起動すると、穴の開いたホースから小さな気泡が放たれ、海底から海面までの泡のカーテンができます。

北海のGode Windプロジェクトに13基のオイルフリーエアコンプレッサ 100%オイルフリーエアなので、高品質な泡が作り出され、海水をオイルで汚染しないことが保証されます。合計で10~16基のPTS 1600型可動式オイルフリーエアコンプレッサが、半潜水クレーン船に設置されます。これらは、オフショア認定取得済みで、DNV 2.7-1規格に従って20フィートのオフショアフレームに配置され、コンプレッサも海上で安全に移動できることが保証されます。最近当社は、13基のオイルフリーユニットを北海のGode Wind プロジェクトに提供しました。このプロジェクトでは、それらのオイルフリーユニットが、Heerema Marine Contractors の半潜水クレーン船「Hermod 」の周囲に泡のカーテンを発生させるためのエアを供給しています。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。


アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具とアセンブリシステムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、エルゴノミクスを重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界各地の各業界の顧客に、エアコンプレッサ、窒素、蒸気、および電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。