カナダでのオフショアプロジェクトに対するアトラスコプコレンタルの最新追加製品PTS 800 Tier 4 Finalの理想的なタイミング

2017/07/05

2016年8月23日、ベルギー、アントワープ - カナダの大手建設業者は、オフショアプロジェクトでの協力関係のために乾燥したオイルフリーエアを必要としたときに、アトラスコプコレンタルを信頼して、その要件に適合したソリューションを提供してもらいましたが、それは期待を上回るものでした。

作業はカナダの沖合にある油田で行われました。これは独立型のコンクリート重量ベース構造(GBS)として開発されており、7億バレル以上の可採埋蔵量を産出すると見積もられています。このGBSは、100万バレル以上の原油を貯蔵するように設計されています。プロジェクトには、海洋探査、エンジニアリング、調達、製造、建設、設置、試運転、採掘、生産、操作とメンテナンス、および廃止措置が含まれます。居住区、プラットフォーム構造の事前試運転と、GBSでのモジュールの組み立てに、アトラスコプコレンタルの顧客が選択されました。その顧客は、作業を成功させるために、エネルギー効率がよく、地域の規格に準拠し厳格なエア品質および文書化要件を満たした乾燥オイルフリー圧縮空気を必要としていました。

支援を求める電話を受けたのは理想的なタイミングでした。

露点が-40℃/°Fのオイルフリーのユーティリティ用エアと計装用エアが必要でした。さらに、ポータブルで信頼性の高いものが必要でした。当時、アトラスコプコレンタルカナダは、そのラインナップへの最新の追加製品として、中圧、低エアフローで100%オイルフリーエアを供給するPTS 800 Tier 4 Finalを受け取ったばかりでした。これは、ホイール付きフレームに搭載された小型構造であり、可動性が向上しています。おまけに環境フットプリントも驚くほど小さくなっています。当社の乾燥剤式ドライヤの1つと組み合わせたこの新しいエアコンプレッサの能力は、100 psigで700 cfmという下請け会社のエア要件にとって完全なソリューションをもたらしました。提携は2016年2月に始まりました。当初、居住区の事前試運転に2か月間のレンタルが予定され、プラットフォーム構造の事前試運転用に4か月まで延長されました。プロセスの最も困難な部分は、TUV認証、CRNおよびCSAドキュメントなどの文書化でした。また、主要プロジェクト管理コンサルタントが承認するアトラスコプコレンタルの品質手順に関して必要な文書化もありました。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具と設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界中の特定業種の顧客に、エアコンプレッサおよび電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。


オイルフリーエアコンプレッサ カナダ 上流オフショア 北米 2016 エア 石油 ガス上流