フィリップス社が高効率ランプのテストにアトラスコプコの低圧オイルフリーエアを採用

ベルギー、アントワープ、2015年8月17日 – ベルギー、トゥルンハルトのPhilips Lighting nv社は、高効率CDMランプの燃焼試験キャビンの冷却に、低圧オイルフリーエアを利用しています。

2015/08/17

我々が危機管理計画のメリットについて話すためにPhilips Lighting社を訪れたときに、低圧オイルフリーエアにも大きな興味を示していました。Philips Lighting社では、照明の品質を損なわずに省エネを実現するエネルギー効率が高いCDMランプ をテストするためにこのタイプのエアを必要としています。低圧ブロワによる試験キャビンの冷却 CDMランプの燃焼試験は、密閉された熱を閉じ込めたフレーム内で実施されます。熱を生成するため、テストプロセスに最適なエアフローは、ブロワによって供給されます。Philips社のエンジニアは、200 mbarの低圧エアフローによる冷却が最も効率的であることを経験から学んでいます。Philips社の既存のユニットはこれらの要件を満たしていなかったので、圧力とフローを増加させるソリューションを見つける必要がありました。

アトラスコプコレンタルがすべての設備を供給 アトラスコプコレンタルが提供した100%オイルフリー電動ZSコンプレッサは2,289 m³/hを最大1.2 barで発生させるもので、これにホース、電源ケーブル、接続部品、エアレシーバ、コレクタ、アダプタが付属した設備一式が納入されました。レンタルから購入へ

“この種のZSコンプレッサをレンタルしたのは初めてでした。そのため、フィリップス社への納品に先立ち、社内で同じ構成を組み立てて、設備の試験を実施しました。試験の成功を確認後、Philips社に一式を納品しました。2ヵ月間のレンタル期間後、Philips社はアトラスコプコのZLブロワの購入を決めました。”

Jeroen Van Deventer, アトラスコプコレンタルヨーロッパの地域マネジャー

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。


アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具とアセンブリシステムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、エルゴノミクスを重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界各地の各業界の顧客に、エアコンプレッサ、窒素、蒸気、および電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。