アトラスコプコレンタル北米が新しいプラグアンドプレイ技術を活用し窒素生成ソリューションを拡大

2018/03/23

テキサス州ラポート - オイルフリー圧縮空気、高圧圧縮空気、現場窒素生成のレンタルソリューションにおいて世界のリードカンパニーであるアトラスコプコレンタル北米は、モジュール式ソリューションを拡大して現場での窒素生成プロセスに対応することを発表しました。これにより、プロジェクト固有のニーズに合わせて窒素を確実に供給できます。

新たに追加された2つのレンタルモデルNGM1100とNGM7+は、さまざまな窒素量や圧力などの要望にお応えします。プラグアンドプレイ技術を採用したこれらの完全自立型パッケージ製品は、アトラスコプコのエアコンプレッサとシームレスに接続でき、さらに窒素純度を向上させます。

「高圧窒素容器を扱う煩わしさをなくし、柔軟性を高めてコストを減らしたいという業界のニーズに、私たちは気づいていました」と、アトラスコプコレンタルの北米ゼネラルマネジャー、チエリー・モンアートは述べます。「アトラスコプコの新しいメンブレン窒素生成システムでは、窒素を必要なときに必要な量だけ生成することが可能なため、工事会社や設備所有者はコスト削減、効率化、全体的な技術向上を実現できます」

新しいメンブレン窒素生成システムでは、純度95~99.5%、最大圧力2175 psigの窒素を継続的に生成することが可能です。新たに追加されたモデルは、窒素ガスの連続供給をユーザーが管理できる柔軟なソリューションです。

窒素は酸素除去、防腐、可燃物の着火・爆発防止などの目的でさまざまな産業用途に使われています。アトラスコプコレンタルは、供給エアコンプレッサ、窒素メンブレン、高圧ブースタを含む包括的な現場窒素生成ソリューションを提供し、24時間体制のサービスサポートを行っています。

アトラスコプコレンタルの製品マーケティングマネジャー、ムハンマド・ナセルは、次のようにまとめています。「設置から稼働までの時間が短いため、コストの削減や時間の節約ができ、液体窒素の輸送や管理に関わる問題も解決できます。さらに、お客様の安全性、生産性、収益性に貢献するという弊社の目標の実現にもつながります」

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動ツールと設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2016年のアトラスコプコの総売上は1,010億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)、従業員数は約45,000名です。詳細については、www.atlascopcogroup.comをご覧ください。

スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの電力技術事業エリアの一部門です。世界各地のあらゆる産業分野のお客様に、エア、電源、フロー、蒸気、窒素のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部はベルギーにあります。