CF Fertilisers社とオイルフリーPTS 800の出会い

2017/11/28

お客様個別の空気供給に対応するレンタルソリューション

クリーブランド郡ビリンガム:窒素肥料メーカーのCF Fertilisers社は、アンモニア工場と硝酸塩工場でバックアップ/追加空気供給装置が必要になり、アトラスコプコレンタルに問い合わせました。以前、ディーゼル駆動のオイルフリーコンプレッサをレンタルした経験から、ニーズに最適な完全ソリューションを期待できるとわかっていたからです。

CF Fertilisers社では、英国の農業産業の各種作物用にさまざまなタイプの肥料を生産しています。製品はクリーブランド郡ビリンガムで生産されていますが、そこで既存のコンプレッサが運転休止している間にバックアップ用追加空気の供給装置が必要になりました。 


以前、アトラスコプコレンタルから機器をレンタルし、それ以来良好な関係が維持されていたので、カスタムメイドソリューションを提供するよう当社に依頼がありました。

以前レンタルした100%オイルフリーのディーゼル駆動コンプレッサPTS 1600が今回の用途に適さなかったのは、大量の空気の放出を必要としたからです。今回求められる流量は約500 cfmであるため、より小型のPTS 800が最適と判断されました。


この機器を現場に配送して、設置した後、当社のサービスエンジニアとセールスエンジニアが、PTS 800の主要な機能を一通りお客様に説明しました。燃料タンク、AdBlueタンク、ホース、サイレンサなどのアクセサリも併せて提供されました。


レンタルソリューションがスムーズに稼動したため、プロジェクトが速く効率よく進み、お客様に満足していただきました。


“既存のコンプレッサの整備作業中に、コンプレッサのレンタルが必要でした。そこでアトラスコプコレンタルに電話で相談し、当社の選択肢のうちから最適なものを決定しました。コンプレッサが納入されると、エンジニアから順を追って使い方の説明を受けました。PTS 800は良好に稼動しており、期待通りの性能を発揮し、問題は何も生じませんでした。”

Darren Stapleton, CF fertilizers社、機械保守計画担当

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具と設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2016年のアトラスコプコの総売上は1,010億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)、従業員数は約45,000名です。詳細については、www.atlascopcogroup.comをご覧ください。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの電力技術事業エリアの一部門です。世界各地の産業分野のお客様に、エアコンプレッサ、電源、フロー、蒸気、窒素のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品のレンタルサービスは、複数のブランド名で提供されています。部門本部は、ベルギーにあります。