Rand-Air(アトラスコプコレンタル南アフリカ)がオーストラリアのテレビ番組の撮影支援を行う

2017/05/04

南アフリカ・ボックスバーグ、2017年5月:Triosphere社はこれまでに多くの賞を受賞した、南アフリカの独立系テレビ制作会社です。Rand-Airは、このたび24時間連続で安定した電力を供給するために、同社から発電機を含む8台の電力供給設備の手配依頼を受けました。

Triosphere社はドキュメンタリーやノンフィクション番組のコンセプト化と制作で高い実績を有し、ディスカバリー・チャンネル、ナショナル・ジオグラフィック、アニマル・プラネットなどの国際的な放送会社と取引の実績があります。


同社が制作した多数のインターナショナルリアリティ番組は高く評価され、数々の賞を受賞しています。最近では、オーストラリアのTV番組I'm a Celebrity...Get Me Out of Hereの第3シーズンがムプマランガ州ホエドスプルードで撮影されました。


この撮影には、大勢のスタッフが携わり、60台以上のカメラが遠隔地へ配置されました。Rand-Air(アトラスコプコレンタル南アフリカ)はポータブルコンプレッサと発電機による電力供給を行うことで、この撮影の成功に貢献しました。

“撮影現場では最先端で高精度の機材を24時間、安定して連続稼動させることが求められます。当社はワールドクラスのテレビスタジオを有し、衛星中継で離れたロケ地からオーストラリアにライブ配信しています。たとえ猛暑、湿度、暴風雨、洪水など数々の困難が発生しても、電力供給に一瞬の中断も許されません。”

Oloff Bergh, Triosphere社CEO兼制作責任者

Rand-Air社から8台の発電機(80 kva、200~300 kva)をレンタルし、チーム全員で機器をトラックから降ろし、設置から撮影まで一昼夜休みなく作業が行われました。そのような状態下においても安全基準遵守は万全でした。


さらにチームはプロジェクト遂行にあたり、いくつもの環境問題に直面し、その都度対処していくことが求められました。


“Rand-Air社はこの業界の独特な条件とプロジェクト要件を的確に理解し、各々の期限を忠実に守ってくれました。また、Rand-Air社のエンジニアは知識が豊富で、たとえ夜間のトラブルが発生したり、窮地に直面しても、高いプロ意識と責任感で対処してくれました。彼らは非常に高い水準の機器とサービスを約束し、提供してくれました。”

Oloff Bergh, Triosphere社CEO兼制作責任者

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコ は、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動ツールと設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2016年のアトラスコプコの総売上は1,010億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)、従業員数は約45,000名です。詳細については、www.atlascopcogroup.com をご覧ください。スペシャルティレンタル は、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界中の特定業種の顧客に、エアコンプレッサおよび電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。