想定外の状況や緊急時用にプランを準備していますか?

危機管理計画の作成を考慮すべき時です。

ご希望の情報

メインの圧縮空気供給が止まったときのための準備が必要です。

緊急時に迅速に対応できるよう、事前の準備を弊社がお手伝いします。万が一の際、即必要になる機器や仕様を正確に特定し、お客様と協力して危機管理計画の作成から導入までを行います。


当社提案のプランを導入されると、機械が故障した場合でも、休止時間を最短に抑えて、運転を継続できます。

“当社の経験豊富な担当者が、お客様個別のニーズに合ったプランを作成します。今すぐご相談ください。”

導入する利点

圧縮空気システムの調査:

まず、ディーゼルか電動か、高圧か中圧か、ブースター/ドライヤを装備すべきかなど、お客様の圧縮空気需要を確定します。高度な測定手法を使用して、実際に必要となる圧縮空気量と空気品質を確定します。

これにより推測作業がなくなり、お客様の危機管理計画に最適な組み合わせのレンタル機器とアクセサリをお選びいただけます。

3段階の計画:

次に、当社の保有機器を評価し、レンタル台数に応じて、段階的な計画を作成します

当社では地域内、国内、さらには国外から機器を調達できるほか、全機器の納入予定も計画に織り込みます。


その後、お客様のシステムの設置スペース要件と推奨の改善点を当社からアドバイスいたします。


機器の提供だけにとどまらないサービス:

当社の責任は、製品を的確にお届けすることだけではありません。私たちは環境や安全への配慮の重要性も十分に考えています。

計画作成プロセスの一環として、機器を仮設置し、お客様の基準に適合するかをお客様側の安全・環境担当者にご確認いただきます。たとえば、設置時に照明やフェンスが必要になることもあります。&


環境への配慮:

必要な台数によっては、24時間体制の燃料補給やメンテナンスが必要となる場合があり、燃料やオイルの漏出の危険性が生じます。

当社では、すべてのコンプレッサにオイル漏出防止装置を装備して、このようなリスクを最小限に抑えています。また、外部燃料タンクを用意して、燃料補給の回数を減らすこともできます。


運用を成功させるのはソリューションです