BD 1100 + detail

優れたコンプレッサ制御と経済性

アトラスコプコのElektronikon®コンプレッサコントローラシステムは、「モノのインターネット(IoT)」技術を導入して、遠隔監視と省エネを実現します。このシステムを取り入れて、お客様の工場をIndustry4.0の競争で一歩先を行く工場にしてみませんか?

スマート技術で省エネ

コンプレッサに関する80%のコストは、エネルギーの消費に由来します。Elektronikon®コンプレッサモニタリングシステムでは、以下を採用することでエネルギー消費を削減します。


優れたコンプレッサシステム制御

Elektronikon®は、コンプレッサの「脳」として、コンプレッサ内のセンサからデータを収集して処理し、概要を表示します。アトラスコプコのハードウェアおよびソフトウェア開発における経験により、コンプレッサの効率を最適化できるシステムが実現しました。

モバイルインテグレーション

Elektronikon®では、SMARTLINKシステムを使ってタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスとコントローラを簡単に接続できるため、安全なネットワーク経由でモバイルによる監視を行うことができます。

IoTおよびIndustry 4.0のソリューションを導入したシステムの保護

内蔵のセンサが温度や圧力を測定します。Elektronikon®が搭載されていると、異常が発生した際は自動警報システムがSMARTLINKを通してモバイルデバイスに警報を送信するので、安心です。

制御およびモニタリングシステム