非常に高い効率

各圧縮段ごとの最適な速度設定を可能にするマルチスピード機能と信頼性により実現。

最小限の設置面積

コンパクト設計の単一ギアボックスと単一カップリングにより実現。より高圧の運転でも、ギアボックスやカップリングの追加は不要

各圧縮段後のインタクーリングが可能

等温圧縮による運転システムの電力消費量および出力の削減

コンプレッサとエキスパンダの効率の向上

一体型ギア設計は1個の共通のブルギアで2個のピニオンギアを動かしているため、ターボコンプレッサとターボエキスパンダのマルチスピード機能を実現しています。このため、各圧縮段を最適なスピードで稼働させ、効率を最大化できます。一般的には、できるだけ小さいコンプレッサを使用するのが経済的には望ましいでしょう。フロー係数が上がれば、所定のインペラ径の吸引率が大きくなります。多段コンプレッサの場合、1段目のインペラのフロー係数が最大に指定されています。シャフトスピードが一定の場合(単一シャフトテクノロジなど)、後続のインペラのフロー係数は吸入量の減少に従って小さくなります。このため段々と準最適設計となります。

最適な効率とコスト

一体型ギアテクノロジでは、機器の効率とコスト削減を最大化できる設計となるよう、圧縮の過程で後続のインペラのスピードが適用されます。実際、一体型ギアテクノロジは、特定のプロセス条件および要件に合わせたコンプレッサのカスタマイズに最適です(特に圧力比が高い場合)。

一体型ギアテクノロジのルーツ

当社の実績には、API 617の第1章および第3章に従って構築された数百台の一体型ギアユニットが含まれています。気体分離業界では、一体型ギア装置が約70年前に導入されています。その後、空気力学、回転体力学、熱力学の知識の進歩、および正確な回転とさまざまな複雑な部品を適正なコストで生み出す方法の進化によって、一体型ギアは実績のある技術となっています。またシャフトシール技術の向上により、2002年にAPI 617第7版の第3章に一体型ギアコンプレッサが追加されて以降、精油および石油化学市場に一体型ギアコンプレッサが完全に受け入れられるようになりました。現在では、コンパクト設計による複雑さの軽減、信頼性の向上、軽量化により、この傾向がますます強まっています。

ターボコンプレッサのカタログのダウンロード

ターボエキスパンダのカタログのダウンロード

高圧CO2のビデオ

さまざまな用途の高圧CO2圧縮

こちらからご覧ください

Loading...