Muller Dairy社でエネルギー回収により加熱コストを削減

Müller Internationalグループ傘下のMüller Dairy社本社は英国シュロップシャーにあります。この企業はアトラスコプコのコンプレッサを導入して、ガスプロセスの加熱コストを大幅に節約しました。エネルギー回収技術をご紹介します。

エネルギー回収ソリューション 食品および飲料 オイルフリーコンプレッサ Class 0

ヨーグルトおよび果物加工作業に適した圧縮空気

Muller Dairy社で行われている大量生産には、圧縮空気が不可欠です。この工場では、毎日60万リットルを超える生乳が加工されています。特にヨーグルトと果物の加工作業では、エアシリンダ、充填機、プロセスバルブへの供給、最終製品の滅菌エアバリアにまで、圧縮空気が利用されています

乳製品工場向けのオイルフリーエアコンプレッサ

Müller Dairy社の空気圧縮機器は、特別仕様のZR315VSDFFオイルフリーコンプレッサ定速機ZR200 2台で構成されています。水冷式ZR200 2台の排熱は、温水として回収されます。
回収された温水はアンモニアコンプレッサとヨーグルトおよび果物加工工程に送られ、ヨーグルトベースの予熱に利用されます。これにより蒸気が不要となり、従来この工程で使用されてきたガスボイラ2台の運転費用が削減されています。
新型のコンプレッサは、既存の4台のZR3-58に替わり運転します。これらの既存の機器は予備機として維持され、大量の圧縮空気が必要になった際に交代で運転します。

コンプレッサの電気エネルギーの90~95%を回収

Müller Dairy社のように、温水フローを工場の工程に統合して圧縮空気を利用すると、コンプレッサに投入された電気エネルギーの90~95%を温水として回収することができます。
エネルギー回収にはアトラスコプコのZRシリーズ水冷式オイルフリーコンプレッサ(モータ出力55~750 kW)が利用されています。この製品はTÜVの認証を受けており、設計条件によっては、コンプレッサに使用した電気エネルギーを最大100%、温水として回収できます。

コスト削減と環境保護

ほとんどの製造業では、エネルギーコストがコンプレッサのライフサイクルコストの80%以上を占めます。そのため、圧縮空気システムのエネルギー節約はCO2排出の削減による環境保護につながるだけではなく、エンドユーザーの収益にも大きく影響します。
産業用途の45%以上では、製造工程で温水を利用しています。コンプレッサの温水排出口を加熱用ボイラの環水回路など継続的に加熱する必要のある箇所に接続して利用すると、熱効率が大幅に向上します。エネルギー回収制御を装備するZRオイルフリースクリュコンプレッサシリーズでは、年間、

熱回収、高品質、安全性をすべて実現

Müller社の生産には、純度が高く、汚染のない加工用空気が不可欠です。アトラスコプコのコンプレッサは100%オイルフリーエアを供給します。当社の製品は、ISO 8573-1 Class 0 規格に準拠し、TÜV認証も取得しています。