妥協のないオイルフリーエアをKingdomwayグループに供給

アトラスコプコのZA 6G-300低圧オイルフリースクリュコンプレッサが、内モンゴル自治区のフフホトにあるKingdomway Groupサプリメント製造工場で、信頼できる純粋な圧縮空気を発酵工程に供給しています。

内モンゴル自治区フフホトのKingdomwayグループ製造工場

Kingdomwayグループは世界トップレベルのサプリメントメーカーで、厦門と内モンゴル自治区フフホトで4つの生産工場が稼働しています。発酵工程の圧縮空気需要に対応するため、アトラスコプコの販売・技術サービスチームは、フフホトの生産ラインが安定稼働できるように、16台のZA 6G-300低圧オイルフリースクリュコンプレッサを勧めました。「発酵は、乳製品や栄養剤製品に加えるコエンザイムQ10、DHA、ARAなどの重要添加物の製造において最も重要な段階の1つです」と、フフホトの現場マネジャー、チャン氏は語ります。

“アトラスコプコは今日のオイルフリーエアコンプレッサの技術リーダーであり、そのおかげで当社は何年間も安全に生産を継続しています。”

Mr. Jiang, フフホト現場マネジャー
Kingdomwayグループの製造工場のコンプレッサルーム(内モンゴル自治区フフホト)

「16基の発酵タンクが生産ラインにつながっているため、プレフィルタ、湿分分離器や他の機器が原因で圧力低下や空気損失が生じる可能性があります」と、アトラスコプコのシニアセールスエンジニア、レオ・ヤンは言います。「発酵タンク中の流入気圧を2~2.5 barに維持するため、そして他の生産工程と条件を考慮に入れ、私たちはフロントエンドの入力圧力を3 barに定めて、発酵生産ラインが安定稼働するよう図りました」圧縮空気の純度は、発酵工程において非常に重要です。「圧縮空気は発酵工程と直接接触するため、空気純度は極めて重要です。わずかなオイル痕跡が存在するだけでもバクテリアが死滅し、最終製品が汚染され、消費者の健康に危険が及びます。したがって、絶対的なオイルフリーの圧縮空気に重点を置いています」と、チャン氏は強調します。ISO 8573-1 Class 0(2010)の認定を受けた初のメーカー、アトラスコプコのZAコンプレッサは、100%の空気純度の新しい基準を打ち立てました。クラス0とは、汚染のリスク、製品の不良や安全性低下のリスク、生産停止による損失のリスクがゼロであることを意味します。ZAコンプレッサは耐久性と信頼性の面でも優れています。アトラスコプコの実績あるスクリュ技術、ステンレススチール製クーラ、AGMA A4/DIN 5ギア、そして最新鋭の電子駆動システムを搭載しており、これらすべてによって高い信頼性が実現しています。さらにチャン氏は続けます。「アトラスコプコは今日のオイルフリーエアコンプレッサの技術リーダーであり、そのおかげで当社は何年間も安全に生産を継続しています」

エアコンプレッサ 食品および飲料 Class 0 smart AIR Solutions