ZF Wind Power社では 圧縮空気利用を最適化して、エネルギー消費量を最低限に抑制しています。

ベルギーのZF Wind Power社は、ロンメルにある発電所の圧縮空気容量拡張を計画していました。アトラスコプコは、GA160VSDFFコンプレッサとES台数制御盤を導入して、圧縮空気利用を最適化することを提案しました。

給油式コンプレッサ エネルギー回収ソリューション 風車

“ 当社の状況を理解した上で支援してくれる企業との協力が非常に重要です。アトラスコプコがまさにその企業でした。 ”

Rob Loos , ZF Wind Power社の上級技師

省エネの可能性を確認

アトラスコプコはエネルギー診断を実施し、現地の空気消費状況を分析して省エネの可能性を特定し、試算を行うことから始めました。ロンメルでは、圧縮空気が重要な役割を果たしています。その一例が、重量が最大400トンにもなるギアボックスのエアクッション輸送です。これにより、ギアボックスが組み立てプロセスから試験部門へと移されます。輸送では約800 l/sの空気を必要とするため、十分な量のエアフローを確実に供給する空気圧縮機が必要です。

コンプレッサの自動モニタリングと制御

ZF Wind Power社は、設置、電気、サービスにかかる費用を節約できるため、アトラスコプコのGA160VSDFF給油式ロータリスクリュコンプレッサを採用しました。可変速駆動内蔵のGA160VSDFFは、空気需要をモニタリングして空気供給量を自動調整するため、エネルギー消費量を最小限に抑えます。GA160VSDのフルフィーチャバージョン(FF)に内蔵の可変速ドライヤは、乾燥した圧縮空気に最適な露点を維持しながら、エネルギー節約を実現します。このコンプレッサに採用されるコンパクトな完全一体型コンセプトによって、設置に必要な床面積とコストも低減されます。
アトラスコプコのES台数制御盤により、すべてのコンプレッサを同時にモニタリングし、制御できます。ESシステムにより室内のコンプレッサの優先順位を最適化して、エネルギー消費量をさらに減らすことができます。

スムーズな生産

アトラスコプコサービスチームは高度な専門性と迅速なサポートにより、ロンメル発電所の期待に応えています。

“ 生産は常に円滑に行われる必要があります。アトラスコプコのメンテナンスは適切で、必要に応じて迅速に対応してくれます。毎朝アセンブリラインを立ち上げると、GAがしっかりと役割を果たしてくれます。現在は圧縮空気に関する懸念が解消され、他の作業に専念できるようになりました。アトラスコプコをパートナーに選び満足しています。 ”

Rob Loos , ZF Wind Power社の上級技師

ZF Groupについて

ZF Groupは、動力系とシャシテクノロジーで世界的をリードする自動車関連部品サプライヤーです。ZF Wind Power部門では、風力タービン用のカスタマイズされたギアボックスを設計、製造、供給しています。ZF Groupは風力発電市場でも主要な事業者となっています。