信頼性

LEおよびLTコンプレッサは、業界で最も低い運転温度を実現した信頼性の高いコンプレッサで、少量のオイルキャリーオーバーで高品質のエアを提供します。堅牢で高品質な素材でできており、高い性能と長い製品寿命を保証します。

少ない運転コストと簡単なメンテナンス

LEおよびLTは、コンポーネントとメンテナンス部位に簡単にアクセスできる設定になっているため、運転コストが少額で済み、メンテナンスが簡単です。

省スペース

LEおよびLTコンプレッサは、限られたスペースで使用するお客様に最適です。モータに直接連結されているコンプレッサブロックは、優れた冷却特性を持つ軽量の素材を使用して製造されています。

LE 1段式給油式コンプレッサ

LE 1段式給油式レシプロコンプレッサでは、フィルタ処理された空気が吸入弁を通って二つのシリンダに入ります。ピストンは、クランクシャフトに接続された接続ロッドを介して前方向に駆動します。最大運転圧力は10 bar(145 psi)で、容量は3.4~31.7 l/s(50 Hz)、8.3~79.8 cfm(60 Hz)です。シリンダ内の圧縮された空気は、圧力が10 bar(145 psi)に達すると、吐出弁を通って排出されます。

LT 2段式給油式コンプレッサ

LT 2段式給油式レシプロコンプレッサでは、フィルタ処理した空気は1つのシリンダにのみ入ります。この低圧シリンダから2番目の高圧シリンダに空気が送られます。高圧シリンダは、最大圧力15、20、または30 bar(218、290、または435 psi)、容量は次の通りです。 • 15 bar(218 psi)、3.1~11.7 l/s(50 Hz)、7.6~23.1 cfm(60 Hz) • 20 bar(290 psi)、2.1~18.0 l/s(50 Hz)、5.7~44.3 cfm(60 Hz). • 30 bar(435 psi)、2.5~17 l/s(50 Hz)、6.6~41.7 cfm(60 Hz) 圧縮効率を向上させるため、圧縮温度はこの2つの圧縮段の間で下げられます。

LEおよびLTの技術仕様

自由空気吐出量(FAD) (l/s)

0 l/s - 0 l/s

空気吐出量

7.6 m³/h - 133.8 m³/h

設置モータ出力

1.5 kW - 15 kW

作動圧

10 bar(e) - 30 bar(e)

LE/LT/LF カタログダウンロード

  • LE-LT-LF-LB 3.4 MB, PDF