メタン用のGGシリーズ給油式ガススクリュコンプレッサ

我社のGGシリーズガススクリュコンプレッサは、可変速駆動テクノロジのメリットをメタンおよびバイオメタンのガスグリッド注入の分野に活用します。最大900Nm³/hの流量での吐出圧力を維持します。プラントの生産レベルに合わせてモーター回転数を調整することで必要なエネルギーを減らします。

詳細を問い合わせる

高効率設計

可変速駆動(VSD)と入口圧力制御を組み合わせることで、最小限の動力で最大流量を供給します。VSDコンプレッサは少ない動力でプロセスを効果的にコントロールし、必要なメンテナンスも減らします。

低い所有コスト

ガススクリュテクノロジとVSDドライブを併せ持つGGシリーズは、エネルギーとメンテナンスを大幅に節約します。回路設計が優れており、はすべての部分にアクセス可能であり、またメンテナンス予測が可能であるため、機器の総所有コストをさらに減らします。

ガス密と安全性

ガス圧縮の設備は、従来のエアコンプレッサよりも厳しい安全要件を満たす必要があります。我社のGGシリーズは100%のガス密を実現し、ATEX Zone 1および2に準拠しています。

メタンおよびバイオメタンコンプレッサ

すぐれたパフォーマンスと安全性をコンパクトな低コストのパッケージに凝縮したGGシリーズ給油式ガススクリュコンプレッサは、メタンおよびバイオメタンの最も厳しいガスグリッド注入施設のニーズを満たします。可変速駆動(VSD)テクノロジを活用するGGシリーズコンプレッサは、電気料金を減らすだけでなく、コンプレッサの摩耗を大幅に減らします。これにより、メンテナンスコストとサービスの頻度も減らします。

最適な制御と安全性

使いやすい制御システム – Elektronikon MkVコントローラおよび監視システムを使用することで、日々の運転のすべてのパラメータを監視できます。加えて、緊急時にコンプレッサをガス供給から分離する電磁弁による緊急停止、ガス検知センサーおよびソフトウェアなどの主要な機能を備えており、究極の安全なコンプレッサソリューションを提供します。コンパクトで堅牢な設計となっているため、GGシリーズコンプレッサはメタン、バイオガス産業の安全ニーズを満たし、また厳格なATEX Zone 1および2設計要件およびCE規制にも準拠しています。セキュリティ機能は、SIL2 PLCによって管理され(IEC 61508に準拠)、GGシリーズは、業界で最も安全で信頼性の高い選択肢の1つになっています。

  • Gas screw compressor for biomethane & methane, GG-series brochure 4.9 MB, PDF
  • Driving centrifugal compressor technology brochure 4.5 MB, PDF
  • Adding value through Aftermarket services brochure 649.3 kB, PDF

GGシリーズガススクリュコンプレッサの製品技術仕様

製品パラメータ

吐出圧力

0 bar(a) - 16 bar(a)

吐出空気量

75 Nm³/h - 900 Nm³/h

モータ出力

90 kW - 132 kW