エネルギー回収システム

GA給油式またはZRオイルフリーコンプレッサでエネルギーを節約できます。

お問い合わせ

アトラスコプコのエネルギー効率

アトラスコプコはエネルギー効率の高いソリューションに多くの投資をしている企業であることを子供たちが説明しています。

Loading...

エネルギー消費、放熱、およびコストの削減

圧縮空気は産業にとって最も重要な設備の1つですが、同時にエネルギー消費が最も高いものでもあります。そのため、コンプレッサのエネルギー節約が、コスト削減と環境保護に多大な効果をもたらします。

コスト削減と環境保護

エアコンプレッサの通常の二酸化炭素排出量に目を向けると、エアコンプレッサの設計段階からリサイクルまで、運転中に消費されるエネルギーはCO2排出量の実に99%を占めます。

一方エネルギー消費量は、一般にコンプレッサのライフサイクルコストの80%を超えるため、圧縮空気システムの省エネにより、環境保護だけでなく収益にも大きな効果がもたらされます。

一般的に圧縮空気システムの使用電力は、工場全体の電気消費量のおよそ10%を占め、一部の工場では電気使用料金の40%にもなることがあります。

コンプレッサによる熱回収のしくみについて教えてください。

pie chart energy recovery

電気エネルギーのうち最大94%が圧縮熱に変換されますが、熱回収をしなければ、この熱は冷却システムと放熱により大気中に消えてしまいます。

圧縮空気システムから回収した温水は、衛生目的や暖房に利用できますが、とりわけプロセス用途への使用に適しています。温水をボイラにあらかじめ供給したり、70~90℃の温水を必要とする処理に直接利用すると、天然ガスや加熱用オイルのコストを節約できます。