アトラスコプコ、小型レンタルおよび建設ポンプラインナップにWEDA 04Sを追加

2017/07/04

WEDA 04Sは、アトラスコプコポータブルエネルギー部門の小型水中ポンプラインナップ最新の製品です。この新製品は、主に軽建設および一般機器レンタル業界向けに開発されたものです。WEDA 04Sは0.4 kWのオンサイトスラッジ/トラッシュポンプで、最大吐出量270 lpm、最大ヘッド10.5 mです。この製品は去年発売されたWEDAラインの1 kW未満の1段排水、スラッジおよび残水ポンプを補完するものです。

WEDA LR range WEDA 04S, pumps, dewatering, Atlas Copco

WEDA 04Sには、鋳鉄製の渦流インペラが採用されており、汚水をくみ出し、最大25 mmの固形物を処理できます。そのため、建物の地下や建設現場に溜まった汚水の排水、砂や泥が詰まった水路や発掘現場からの雨水の除去、水道マンホール保守時の不要な水の除去などで実用的な選択肢となっています。このポンプにはトリプルシールシステム(シリコンカーバイド製の二重の機械式シャフトシールにリップシールを追加)が採用されているため、堅牢でメンテナンスが容易です。熱保護により、モータの信頼性と乾燥運転能力がさらに高まりました。軽量(10 kg)かつコンパクトサイズ(高さ372.5 mm x 直径241 mm)のため、排水現場間でポンプを楽に移動できます。

“当社の製品ラインアップにはすでに0.4 kW排水ポンプのWEDA 04がありますが、固形物を処理できる小型ポンプのご要望がありました。これに応えて開発された製品がWEDA 04Sです。将来的には、スラッジ/トラッシュポンプシリーズを、大流量の揚水、大型固形物処理に対応できる高出力範囲に拡張する計画です。これは鉱山や自治体の下水処理の用途で重視される能力です。”

Abet Cantuba, アトラスコプコポータブルエネルギー部門ポンプ担当製品マーケティングマネジャー
WEDA LR range, montage WEDA LR, WEDA, pumps, dewatering

アトラスコプコのWEDA小型ポンプシリーズにはその他にも、WEDA 04およびWEDA 08排水ポンプ、WEDA 04B残水ポンプ(1 mmまで排水可能)、砂や泥の処理能力が高いWEDA 08Sスラッジポンプがあります。さらに、WEDAポンプに対応するキット、ホース、カプリングアクセサリも各種揃えています。CE認証を受けたWEDA 04Sの50Hzバージョンは、ドイツ・バートエーンハウゼンにあるアトラスコプコのポータブルOEMソリューション工場から入手できます。CSA-UL認証を受けた60Hzバージョンは、2014年初めに発売予定です。

2016 Product 電動水中 排水 製品 アジア アメリカ ヨーロッパ アフリカ オーストラリアおよびオセアニア