ドイツにおけるランマーと振動圧縮機の大口注文

ドイツで、Boels Rental社が大口発注

ドイツの建設機器向けカスタマセンターは、レンタル大手のBoels社から400台のプレート転圧機と80~500 kgサイズのランマーの注文を受けました。機械はお客様専用カラーに塗装し会社のロゴと製品名を付けます。Boels Rental社は機械をヨーロッパ中の代理店に配給して、そこからエンドカスタマにレンタルします。出荷は2016年第2四半期に予定されています。

前進型プレート転圧機 ランマー 前後進プレートコンパクター 製品の事例

LG 504 forward and reversible plate compactor

Boels Rental社に供給される前後進型プレートコンパクターには転圧インジケータ付きの新型LG 504モデルが多く含まれています。転圧インジケータは、十分な転圧が遂行されたことをはっきりと示す点灯システムで構成されています。これにより過転圧のリスクも低減し、不満足な作業結果や不要な機械の摩耗を防げます。この注文にはアトラスコプコが賞を受けたランマー、LT 6005も多く含まれています。この機械には特別仕様のホンダGXR120エンジンが搭載されており、どんなに硬い土でも処理できるだけのあらゆる出力を提供します。騒音および排気レベルは低く、ランマーはスリムなデザインと簡単な操舵のおかげで、狭いスペースでも簡単に操縦できます。

LG 504 - 湿った地盤の上で優れた牽引力

“ヨーロッパの主要な機器レンタル会社のひとつであるBoels Rental社が軽量転圧機を供給するパートナーとしてアトラスコプコを選択してくれたことを大変うれしく思います。弊社の軽量転圧機の歴史は、初代振動プレートを発売した1947年にさかのぼります。70年近くにわたり、非常に堅固で信頼性の高い振動プレートとランマーを提供してまいりました。そしてBoels Rental社およびそのお客様は、この伝統に最新の革新技術を組み合わせた製品を、卓越した国際サービス組織によるアトラスコプコのサポートと併せてご使用いただけます。”