アトラスコプコのソリューション
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
Process gas and air equipment
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
相手先ブランド製品製造会社
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

アトラスコプコQAS発電機の導入により、チリのスキーリゾートの製雪量が大幅に増加

成功事例

お問い合わせ

2020/04/28

季節外れの雪不足に対処し、ゲレンデを最適な状態に維持するため、チリのポルティージョスキーリゾートでは、4台のアトラスコプコQAS発電機を導入し、25台の人工降雪機を稼動して、製雪量を5倍に増加することに成功しました。

チリには、数々の世界的スキーリゾートがあります。スキーリゾートは観光産業の柱であり、チリ経済の主要なけん引力でもあります。南米で最も歴史のあるスキー場であるポルティージョをはじめ、チリのスキー場には年間約150万人が来場します。

降雪量が平年よりも少ない年には、ポルティージョスキーリゾートの数多くの中級コースを理想的なコンディションに維持するため、10ヘクタールのゲレンデ内の9つのコースに、人工降雪により雪を補充しなければなりません。2019年シーズンには、すべてのコースに、25台の人工降雪機を配置した人工降雪システムが新たに導入されました。これらの人工降雪機は、本館隣の発電室に設置されたスキッド搭載のアトラスコプコQAS 630発電機4台によって稼動します。

製雪量を大幅に増加

新システムの導入により、製雪量は先シーズンと比べて5倍に増加し、周囲温度が許容範囲内のときに昼夜連続で稼働した場合、70時間に最大40 cm(16インチ)の製雪が可能になりました。

人工降雪機の運転には、一定の環境温度と湿度(%)の2つの気候変数が必要です。システムがこれらの条件を検知すると、製雪サイクルが段階的に稼動します。1日数時間しか稼動できないこともあれば、24時間フル稼働することもありますが、いずれの場合も唯一の電力供給源であるQAS発電機に100%依存しています。

新システムは全自動運転で、メンテナンスチームはスマートフォンからも常時、機械の運転状況を制御、監視できます。システムは移動式と固定式の機器で構成されているため、コース全体に均一に降雪が可能で、必要に応じて機器を移動することができます。

QAS発電機

発電機
4台のQAS 630プラグアンドプレイ式発電機はそれぞれ、50 Hz時に一次電力630 kVA/500 kWの供給能力があり、確実なエンジン出力とコンパクトな設計を備え、最低メンテナンス間隔は500時間、容易な並列接続と長い耐用年数が特長です。すべてのQAS発電機は、セーフティカートリッジと2段式空気浄化装置を備えた2段式フィルタを内蔵しています。遠心式粉塵分離ユニットと丈夫なフィルタリングシステムの組み合わせにより、発電機自体の耐用年数も延長されました。ポルティージョスキーリゾートでは、発電機は発電室内に保管されていますが、本来は屋外の過酷な条件に耐えるよう設計されています。各ユニットは、頑丈な耐候性エンクロージャで保護されています。エンクロージャは独自のフォーム層とシール層で構成された一体型ドアシーリングシステムを装備しており、優れた防水性と防音性を実現しています。QAS発電機の防錆キャノピには独自の「非溶接」コーナ設計が採用され、従来の錆びやすい箇所を排除しました。さらに、すべてのQASモデルには、漏れのないフレームが標準装備され、環境への影響を最小限に抑えています。

電力管理システム

各QAS 630ユニットの主な特長であるエネルギー管理システムを備えたコントローラは、移動式または独立型の発電機を組み合わせて複数の発電機を並列運転する場合にも、燃料消費量を最適化して、耐用年数を延長します。

ポルティージョスキーリゾートの発電機は、アトラスコプコの電力管理システム(PMS)を内蔵しています。この革新的システムは、負荷需要に応じて4台の発電機の並列運転を管理し、負荷の増減に応じてユニットを始動/停止します。これにより、各発電機の負荷が一定レベルに維持され、燃料消費量が最適化されます。さらに、発電機を低負荷で運転する必要がないため、エンジンの損傷や機器寿命の短縮化を防ぎます。

エネルギー需要が時間とともに変動する環境において人工降雪機の稼動を検討するお客様に、アトラスコプコは4台のQAS 630発電機とPMS電力管理システムを組み合わせた構成が、当初要請された1000 kVA発電機2台、または2000 kVA発電機1台よりも効率的であることを実証することができました
Jorge López , 主要顧客担当マネジャー
アトラスコプコパワーテクニークチリ

ロペスは、アトラスコプコのソリューションが選ばれたのには、他の要因があったことも認めています。最大の要因は、発電機のコンパクトなサイズです。他社の同等製品より20%も小型のため、既存の建屋内に収容できます。
加えて、簡単な設置、設定可能なアスペクト指向プログラミング(AOP)コントロール、簡単な操作、さらに、アトラスコプコが基本的な工学調査を実施し、もう一つの主要な構成要素である製雪電力ネットワークの設置に果たした役割も重要な要因となりました。

想定外のメリット

ポルティージョスキーリゾートでは、QAS発電機の導入により想定外のメリットも得られました。ポルティージョホテルの繁忙期は冬季です。そのため年間6か月間は、毎日午後5時45分~午後11時10分の間、通常の送電網を遮断し、唯一の電力供給源として発電機を利用し、すべてのエネルギー需要を満たしています。