DrillAirシリーズ

20~45 m³/min/706~1589 cfm(12~35 bar/16~612 psi)

お問い合わせ

掘削時の燃料を節約

漸進的な圧力上昇と比較して、35 barでの掘削が燃料消費に与える影響はどのようなものでしょうか。アトラスコプコがテストを実施し、35 barで掘削すると、作業が迅速化し、総燃料消費が低減することがわかりました。

Loading...

500m

Drillair Y35を使用して1日に掘削可能な深さ

トラック1台

フレームが4.1 mの短さなので、コンプレッサとリグをトラック1台で運搬できる。

3つの保護層

キャノピを長期間良好な状態に維持するために、アトラスコプコはZincor、プライマ、粉体の3つの保護層を使用しています。

メートルごとのコスト

圧力30~35 barで掘削すると、1時間で掘削できる距離が伸び、メートルごとの総コストを抑えることができます

掘削専用のソリューション

アトラスコプコは、さまざまな掘削用途向けの各種コンプレッサを開発しています。DrillAirシリーズは、圧力と流量という2つの変動要素の関係を重視した設計に基づいて製造されています。DrillAirシリーズはこれら2つの変動要素をうまく組み合わせ、どの圧力設定でも最大の空気流量を達成します。

DrillAirに投資する4つの理由:

1. DrillAir Y35では1日500 mの掘削が可能。2つの4.5インチの地熱井を1日の掘削作業で完成できます。

2. コンプレッサフレームが4.1 mの短さなので、コンプレッサとリグをトラック1台で運搬可。

3. DrillairisはStage IV排出ガス基準に適合しているため、環境に配慮したプロジェクトに最適。

4. DrillAir Y35の消費燃料は1 m掘削につき2.2リットル未満(作業パラメータにより異なります)。

パンフレットをダウンロード

  • Drillair lesser regulated countries leaflet English 1.5 MB, PDF
  • Drillair lesser regulated countries leaflet Russian 1.6 MB, PDF
  • Drillair lesser regulated countries leaflet French 1.5 MB, PDF

製品ラインアップ

DrillAir Y35、DrillAir V39、DrillAir X28、DrillAir V28、DrillAir H32、DrillAir V21、DrillAir H23

保有機械への追加

Loading...

お客様の声

アトラスコプコは、新しいDrillAir Y35をスウェーデンでのフィールドテストに送り出しました。このビデオでは、掘削会社オーナーの導入事例をご紹介しています。

Loading...

Drillair Dynamic Flow Boost

Loading...

掘削時の燃料を節約

Loading...