Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ツールテストが必要な3つの理由

ジョイントの監査は不可欠です。しかし、製造工場の品質を向上させる別の方法があります。それはツール点検です。今すぐブログで詳細をご覧ください。

Quality Assurance Articles Quality

ツール点検(ツール検証)は、ツール寿命の少なくとも3時点で重要となります。

  1. ツールの新規購入時
  2. ツールのオンライン使用時
  3. ツールの修理後

ツール購入時、Cm/Cmkテストによるツール動作の評価は、そのツールを割り当てるアプリケーションの特定に役立ちます。Cm/Cmk値が高ければ、ツールは重要保安部位に最適ということになります。

一方、Cm/Cmk値が低い場合は、重要度が低いアプリケーションに割り当てるのが良いでしょう。

ツールが生産ラインで利用開始されると、それは製造工程における重要な資産となります。誤動作や問題の発生は、締付工程の品質に影響する可能性があります。

これらの問題はジョイント監査で特定できますが、多くの場合、未然に防ぐことが可能です。ツールの定期的なSPC点検によって傾向を把握し、制御不能になる前にツール交換を行うことが可能になります。

問題が特定され、ツールが保守のために生産ラインから外された際は、検証をじっくり実施することが重要です。別のCm/Cmkテストで調整後の品質を評価すれば、そのツールを最適なアプリケーションに改めて割り当てることができます。

品質保証プロセスの詳細については、QAグローバルベストプラクティスを取り上げたウェビナーをご覧ください。

ご質問、またはWalk The Lineツアーのご予約は、今すぐアトラスコプコまでお問い合わせ下さい

詳細を見る