Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

品質保証を残留トルクから開始すべき3つの理由

顧客満足度の保持に品質管理が不可欠なのは、紛れもない事実です。しかし製品品質の改善は、時に大きな負担となることがあります。では、どこから始めればいいのでしょうか。

全体的な製品品質向上も重要ですが、締結部位の品質監査を優先すべき理由をご覧ください。

1. 生産の最適化

知らぬが仏という言葉があります。ただし、生産工場にこれは当てはまりません。

すべてをスムーズに稼働するには、データとKPIが不可欠です。生産時にどれほどのトルクが締結部位に残留しているかの情報は、生産工程の微調整にとても重要です。

残留トルクの点検を適切に実施すれば、締付ツールの設定トルクをどう調整すべきかを管理者が把握するのに役立ちます。

2. 製品の出荷前に問題を検出

製品の製造に不備があり、数回使っただけで壊れてしまったことはありますか。生産者が問題に気づかなかった可能性があります。

製品の目視点検で不具合を検出できることもありますが、目視点検でねじの不具合を発見することは一般的には困難です。締結部位には問題がなくても、トルクが低すぎて、通常の使用に耐えられない可能性があります。残留トルクを確認すると、製品が工場を出る前に不具合のある締結部位を検出できます。

アトラスコプコの品質保証資料をダウンロード:

  • 今すぐダウンロード。 

3. 最高の製品品質を実現

製品の設計および試作段階では、エンジニアが各締結部位の軸力荷重を定義します。では、適切な締付荷重を生産ラインで最適に設定するにはどうすればいいでしょうか。

試作品の残留トルクを点検すると、軸力荷重と締付トルクの関係がわかります。この関係をもとに、生産ラインを設定し、必要なツールを選択できます。

幸いにも、STwrenchには、残留トルク点検用に特許取得済みのアルゴリズムが採用されています。ジョイントから収集したデータをリアルタイムで分析することで、計測点が検出されると、振動で作業者に知らせます。これにより、検査時の締めすぎも低減できます。

詳細情報の請求、またはWalk the Lineツアーのご予約については、お近くのアトラスコプコ担当者まで今すぐお問い合わせください。 

詳細を見る

今すぐアトラスコプコの締結部位検査リーフレットをダウンロードして、詳細をご覧ください:

Quality Assurance Articles Quality