Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ハンドツールを使ったドリル作業において知っておくべき3つの事

ハンドドリルツールを使った仕事について考えるとき、より良い結果を得るために考えなければならない重要なことがいくつかあります。

ドリル作業において知っておかなければならない3つの事について学ぶ 

1. 決定的要因:送り力、切削速度、自由速度

普通の人にとって、たとえばコラムドリル作業で使われる送り力に達するのは、小さなビットサイズを使用しているとき以外は不可能です。したがってハンドドリルでは、必要となる送り力を小さくするために正しいビットと用いるドリル方式を選択する必要があります。 

刃先が材料を貫通する速度は、切削速度と呼ばれます。この速度は、穴の中心でゼロとなり、測定が行われる外周部で最も高くなります。切削速度は1分あたりの長さ(m/min)で表されます。材料の種類によって、さまざまな切削速度が必要となります。 

ドリルツールの自由速度は1分あたりの回転数(rpm)で表されるもので、ツールの銘板に記載されています。

2. ドリルビット

ドリルビットについては、ドリルビットの材質、ドリルビットの表面処理、そしてドリルビットの種類という3つの留意すべきポイントがあります。高速度鋼は、ビットの製造で最もよく使用されている材質です。超硬ビットは、ファイバーガラス、炭素繊維、またはケブラー繊維で強化された複合材などの摩耗性の高い材料の場合に欠かせないもので、次の研ぎ直しまでの間隔を長く保ちます。 

一方、水蒸気処理されたビットは表面が滑らかで摩擦が少ないため、被削材が容易に固着することもなく、腐食からも守られます。ドリルビットにはレギュラードリル、クイックスパイラルドリル、スロースパイラルドリルの3種類があり、それぞれ切削方式が異なります。ここで変わってくるのは、推奨される角度や材質です。

3. ドリルツール

ハンドドリルの作業では、スピードと正確さが求められます。機械も、作業者が疲労しないように軽量で強いものでなければなりません。エアドリルはコンパクトで軽いため持ちやすく、解剖学的観点からも手や腕に適しています。

基本的に、ドリルには次の4種類があります。 

1. ピストルグリップドリル

2. ストレートドリル

3. アングルドリル

4. スクリュフィードドリル 

それぞれの種類のドリルは、作業者の作業環境に適したものであり、作業者の人間工学的な動きに直接影響を与えます。

ハンドドリルの作業では、無理な作業姿勢になることが多いものですが、この問題は、多くの場合、適切な種類のツールを使うことで防ぐことができます。

主な事例

  • 高所のドリル作業には、ストレートドリルツールを使用
  • 低所のドリル作業には、ピストルグリップドリルツールを使用

製品の詳細やデモの予約については、今すぐアトラスコプコにお問い合わせください

Articles Drills