Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

クラッチスクリュードライバを新しいMTF6000コントローラに変える5つの利点

低トルクの多くの組立作業では、締付作業の大部分をシンプルなクラッチドライバで行っています。

これらのドライバは、電子機器製造などの業界で長年使用されており、最も基本的なレベルのミスを防止します。クラッチは、トルクの量が適切に設定されると、ツールがオフになるように設定されます。クラッチの動作は、ジョイントが適切なレベルに締め付けられていることを示します。 

低トルクでの組立

しかし、低トルクでの組立では、このような基本的なレベルのエラー防止では十分でないことがよくあります。今日の多くの用途では、ねじはプラスチックの穴に差し込まれ、ねじ山は組立中に穴に切り込まれます。このようなセルフタッピングで使われる場合、ねじによって開けられるプラスチックの穴の大きさは変化するという問題があり、生じた差異により、ねじ山を穴に刻むために必要なトルクの量がねじごとに異なります。

ねじ山を刻むために多少なりともトルクを使用する場合、許容範囲内の締め付けて組み立てるときのトルク量も変化します。場合によっては、この差は極端に大きいことがあり、組立品が固定されていないどころか、クラッチツールを停止したときにねじがまだ穴から立ち上がっている(浮いている)場合もあります。

ねじが浮く可能性に加えて、組立品の複雑性は増しています。エレクトロニクス業界では、製品にはこれまで以上に多くのねじが使われ、最終製品の組立に使用される小型部品は増加しています。この複雑さは、これらの組立品を組み立てる作業者にとって課題となります。

適切なねじが使用されているかどうか、すべてがきちんと組み立てられているかどうか、そしてすべての締付金具がきちんと締められているかどうかを確認することは難しい場合があります。

アトラスコプコの洗練された締付ソースを利用

これらの問題を解決する上で重要になってくるのは、より洗練された締付システムです。アトラスコプコのMicroTorque Focus 6000(MTF 6000)ツールコントローラと関連ツールおよびアクセサリを使用して、低トルク組立環境での課題に対するエラーを防止できます。

  • MTF6000で利用可能な台座制御の方法では、ねじがいつ着座したかを検出し、正しい強さで締めることができます。これにより、ねじが浮いたり、ねじ山がつぶれたりする可能性がなくなります。
  • バッチ処理などの機能を使用すると、組立中のねじの数を数えて、組立プロセスでねじが欠落していないことを確認できます。
  • 真空ねじピックアップ器具、ねじ供給機、位置認識システムなどの付属品を使うと、毎回正しいねじが正しい位置で組み立てられていることを確認できます。
  • より高度な作業者ガイダンスとして、SQSプロセス制御ソフトウェアを追加すると、作業者が実行しているプロセスとともに、動的な作業指示を作業者に与えられます。

低トルクの組立は以前よりも高度化され、アトラスコプコはこれからも、これらの課題に対応できる製品ファミリーを提供していきます。

詳細については、今すぐアトラスコプコにお問い合わせいただき、デモをご予約ください。

Articles Innovation Assembly Tools