Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

エアモータと電動モータ:選択の際に考慮すべき5つの要素

Articles Air Motors Customized air motors Air Motors Industries

選択肢の比較検討

特定の作業に正しいツールを選ぶことは、すべての産業用途において極めて重要です。しかし同時に、正しい選択をすることは難しい課題です。実際のところ、電動モータかエアモータかを決定する際には、考慮すべきさまざまな要素があります。

今この決定に直面しているお客様は幸運です。アトラスコプコには、あらゆる産業用途において最適なモータを選ぶための包括的ガイドがあります。

必要に応じた最適なモータを選ぶ際に考慮すべき5つの主要な要素

その1:トルク要件

産業用途において、トルクは最も重要な基準の1つです。このため、エアモータは力学的観点から見て優れた選択です。作業者は用途の正確なトルク要件に合うように、エアモータのトルク出力を調整できます。もしエアモータに過負荷がかかった場合も、空気圧は単純にバイパスされるまで上昇し、空気需要は満たされます。このプロセスはモータに損害を与えません。原則的に、エアモータはより汎用性が高く、用途基準に合わせて、正確かつ動的にトルクをかけることができます。

対照的に、電動モータのトルク出力は固定式です。いくつかの電動モータではマルチスピード設定がありますが、作業者が必要に応じてモータのトルク出力を調整することはできません。電動モータに過負荷がかかり、ブレーカが負荷を解放できなかった場合、モータが早期に故障し、交換が必要になる可能性があります。

その2:モータ重量

多くの場合、モータは機器の総重量で大きな割合を占めていることに注意するのも重要です。例えばミキサーの重量を決定するのは、主にモータの重量です。この点を考慮すると、モータの重量が重要なことは明らかであり、通常、電動モータはエアモータよりも重量があります。

アトラスコプコのエアモータ は出力対重量比に優れています。これは、機器の重量を著しく増加させることなく、お客様の産業用途に適した高いモータ出力が得られることを意味します。

その3:速度制御の必要性

エア制御バルブの調整により、エアモータは可変式で精密な速度調整が可能です。いくつかの電動モータでは可変速度制御オプションを選択できますが、モータの総コストは著しく増加します。このため、お客様の用途に何らかの理由で可変速度制御が必要な場合は、エアモータがより良い選択肢であると言えます。

その4:エネルギー効率およびコスト

エアモータと電動モータの最も大きな違いの1つは、エネルギー効率です。エアモータの欠点の1つは、電動モータに比べてエネルギー効率に劣る点です。これは、エアモータにエネルギーを供給する空気圧が、エアモータの機能に不可欠な継手、エルボ、チューブなどのさまざまなポイントで失われることに起因します。この空気圧の損失により、場合によってはエアモータの全エネルギー入力の20%未満しか作業に利用できないことがあります。

エアモータと電動モータのコストの差は、効率の差と密接に関連しています。同じサイズのエアモータと電動モータユニットの運用コストを、同じ作業時間、同じ電力コストで比較した場合、電動モータの運用コストが年間1,000米ドル以上安くなる可能性があります。

その5:動作環境

お客様がモータの使用を予定している環境は、電動モータかエアモータかを決定する際に考慮すべき、もう一つの重要な要素です。多くの環境は電動モータに悪影響を及ぼす可能性があります。防爆仕様の電動モータであっても、防爆容器の完全性を確保する上で必要な部品間の緊密性は、結露した水分が堆積する原因となり、この水分は電動モータの可動部品を腐食させるおそれがあります。

圧縮空気をエネルギー源とし、電気火花を発生しないエアモータは、有害で過酷な環境で使用する場合に最適な選択肢です。アトラスコプコのエアモータは、例えば火花や高温で爆発性のガス、蒸気、またはほこりに点火する可能性のある環境に最適な、防爆仕様およびATEX認証バージョンをご用意しています。大抵の場合、防爆仕様のエアモータは電動モータの同等品よりも安価です。最後に、エアモータは湿潤または腐食環境でも安全かつ最適に稼働するため、いかなる環境条件においても正しく稼働する必要のある産業用途において、理想的な選択肢と言えます。

決定要素

すべての産業用途は唯一無二であり、エアモータと電動モータを選ぶ際に最も影響の大きい要因を判断できるのはお客様だけです。リストにある各カテゴリは考慮すべき事項ですが、各要素の重要度は用途によって異なります。

エアモータは特に、有害な動作環境の場合、機器を軽量に保つ必要がある場合、用途において動的なトルク出力や可変速度制御が必要な場合などに有利です。

一方、電動モータは、お客様の優先度がエネルギー効率の最大化と運用コストの最小化である場合に有利です。最終的には、各モータの利点とお客様固有の産業用途のニーズを慎重に検討することで、電動モータとエアモータのどちらが正しい選択肢かを決定することができます。