Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

正しいエアモータを選ぶための手引き

用途に適したエアモータがどれなのかお悩みですか?この手引きをご覧になり、正しいエアモータとアトラスコプコの厳選されたエアモータツールをお選びください。

エアモータは信頼性と汎用性に優れた頑丈な動力装置であり、数多くの工業用途のニーズに適しています。

エアモータの紹介

エアモータが用途に適した選択であると考えられているお客様のために、アトラスコプコでは、それぞれのニーズにぴったりのエアモータを絞り込むための便利でわかりやすいルール集を作成しました。

エアモータがベストの選択であると決まった後、最初に考えるべきことは、様々な種類のエアモータをそれぞれの用途の作用点で使える可能性が極めて高いということです。なぜなら、エアモータは出力トルクを調整でき速度を変動できるおかげで、運転範囲が広いからです。

トルク回転数曲線

これを頭に入れておけば、お客様の用途の作用点がトルク回転数曲線のどこにあるかで選定するモータも変わってくるでしょう。

最も効率的なのは、モータを最大出力回転数で作動させることです。つまり、できるだけ作用点に近い所で最大出力になるエアモータを選定すると、効率のロスも最小限に抑えられることになります。このエアモータによって、所定の出力におけるエア消費量も最小になるでしょう。

また、エアモータの安定した回転数も重要であると認識しておく必要があります。最大出力ポイントを下回る回転数での運転は避けることが賢明です。そうすれば、負荷が増えた場合に備えて幾分かの「余力」が確保されます。また、上述の効率ロスの防止にも役立ちます。用途で求められるトルクが不明確な場合は、アイドリング回転数付近で動作させるようにしておくとよいでしょう。

他に考慮しておくべきことは、低回転数で高トルクのモータはギヤに大きな負荷をかけるという事実です。モータの回転数が少なくトルクが高いと、ベーンの摩耗も減り、エア消費量も少なくなります。

反対に、回転数が高いとベーンの寿命に影響しますが、これらのモータではギヤのひずみが少なくなります。

最終的に、用途において非常に長い寿命が求められる場合は、低圧に制限されるか低圧で動く大型のモータを選ぶことが最善と言えます。

どのエアモータがベストかさらに絞り込めるように、アトラスコプコでは、使いやすいエアモータの選定ツールを作成しました。用途における作用点の要件を入力するだけで、この選定ツールは、弊社の製品群の中から最も適したエアモータを示してくれます。

こちらから、弊社ウェブサイトに記載されているエアモータ製品の詳細をご確認ください。

Articles Air Motors