アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

多くの場合、材料加工で発生する粉塵は無害で、恒久的な障害は発生しません。それでも、粉塵により作業環境が悪化し、不快になるおそれがあり、生産性にも影響します。ただし、一部の材料から発生する粉塵は有害で、肺がん、珪肺症、腎疾患などの疾患や毒物による中毒の原因となることがあります。

最も懸念されるのは、粒子の大きさです。粒子が体の防御機構に侵入して、肺の酸素交換領域に達します。効率の良い一般的な換気システムを使うと、空気中の粒子数が減少しますが、健康的な作業環境を作るには、他にもすべきことがあります。

発生箇所での防塵

研磨、切断、ドリル加工、チッピングなどの作業にハンドツールを使う場合、作業者が粉塵に曝露しないよう防ぐには、以下をはじめ、複数の方法があります。
- ワークベンチの集塵口に強力な吸引源を接続する。
- 可動式の集塵フードを採用し、ツールに集塵システムを搭載する。
- 極端なケースでは、作業者に呼吸装置を着用させ、保護を強化する。

集塵法の中でも、現在のところツール内蔵の集塵機が、最も効率よく発生箇所で集塵できます。効率よく集塵できるだけではなく、空気流量も少なく済みます。このタイプのマニフォールドは、ほぼ全ツールに搭載できます。

Dust extraction kit images

ハンドツールに集塵機を採用すべき理由



→ 粉塵を効率よく除去(最大95%集塵)
→ 作業中に視界を良好に維持して、高い精度を確保
→ お使いの機器寿命を延長
→ 作業現場をクリーンに整然と維持
→ 健康に悪影響を及ぼす空気中の粉塵や微細な粒子

ツールに備わっている集塵機を使用する重要性

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

By submitting this request, Atlas Copco will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.