アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

エルゴノミクスの基礎:最も貴重な財産を保護

製造現場や組立ラインには危険があります。それは否定できません。大小さまざまなツールを扱うことにはリスクがあります。アトラスコプコでは、安全を軽視することはありません。

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

アトラスコプコは、1958年に産業用電動ツールのエルゴノミクスプログラムを開始して以来、製造現場で機械を操作し、使用する際には、エルゴノミクスが最も重要であると考えてきました。アトラスコプコにとってエルゴノミクスとは、ツールやソリューションを使用する際に不必要な物理的緊張や振動にさらされる危険を回避することで、安全で快適な状態でツールを使うための取り組みです。これは、アトラスコプコが開発するあらゆる機械やツールにおいて、作業者の快適性と安全性が常に最優先されることを意味します。

なぜ製造現場でエルゴノミクスが重要なのか

なぜエルゴノミクスがお客様の製造現場で最も重要な手段なのかを理解することが重要です。それは生産性や品質ではなく、製造現場においてエルゴノミクスと強く密接に関係しているからです。安全性が損なわれ、事故やけがが避けられなくなると、生産性と品質が低下します。不十分なエルゴノミクスから生じる問題はコストがかかり、事故や病気などに見舞われた作業者のリハビリのプロセスのためだけのものではありません。事故後の生産性と品質の損失コストは、リハビリのコストよりはるかに大きい可能性があることが研究で示されています。アトラスコプコでは、すべての製品が、発売される前に徹底的なエルゴノミクスのテストに合格しなければなりません。

ツールの設計によって使い勝手がどのように向上するのか

アトラスコプコは、さまざまな業界をサポートするために、数千種類のツールを製造しています。弊社にとって優れたエルゴノミクスとは、どの道具が使われていても、そのデザインが作業者の安全を保証することです。弊社のカタログに載っているすべてのツールのどれもが優れたエルゴノミクスの実現を最優先にして開発されたものです。例えば、アトラスコプコの固定ワークステーションのソリューションには、作業者の使いやすさと快適さのために特別に開発された製品が幅広く含まれています。

HTSリアクションサスペンションシステムは、サスペンションを受けるトルク反力のことです。製造ラインでの生産性を向上させながら疲労を軽減し、その低いハンドリング力と軽量で滑らかな動きは、製造現場での使い勝手を向上させます。弊社のAXR多関節アームは、非常に優れたエルゴノミクスによって開発されたソリューションの一例です。アトラスコプコのAXR多関節アームは、オーバーヘッドレールの取り付け用に作られた上下逆さまのアームです。AXRの多関節アームは、ツールが発するトルクに反応し、作業者への影響を取り除きます。HTSと同様に、AXRは小さな力で操作可能でハンドルの取り付けにより、作業者はエルゴノミクスに基づいて操作でき、アームを移動ライン上で上下に動かすことができます。これらによって、作業者の疲労が軽減されます。

作業場での振動

工場において振動するツールを長期間使用したときのリスクは、製造現場に配慮した優れたエルゴノミクスによって避けることができます。特にハンドツールでは、ツールの振動を制御できないようなエルゴノミクスに十分配慮されていない設計によって、神経細胞の損傷、血管損傷、および多くの筋骨格障害につながる可能性があります。ほとんどの場合、神経細胞の損傷のような問題は、必然的に指の感度低下につながるか、またはおそらく同様の症状を有する手根管症候群につながります。そのため、アトラスコプコのツールは、振動の強さを制御し、グリップの表面から振動を隔離することによって、技術者に対する振動が軽減されるように開発されています。

産業用グラインダは、振動の影響を取り除くために特別な措置を講じなければ、神経の損傷や筋骨格障害を引き起こす可能性があるハンドツールの1つです。そのため、アトラスコプコの産業用グラインダは、一般的にオートバランサとスキャッターダンプニング機能が備わっており、やすり部分の寿命は長くなり、振動によるけがのリスクは低くなります。LSF39ダイグラインダは、スキャッターダンプニングを採用したグラインダのひとつで、騒音低減のためのサイレンサを内蔵しています。

これらのことを考慮すると、振動によるエンジニアの負傷を防ぐための対策を講じながら、作業現場の安全性とパワーを両立させているので、アトラスコプコのツールは依然として優れていることがわかります。

当社ツールの振動値を測定し公表する方法

エルゴノミクスへの取り組み

ツールの技術者と開発者で構成されるアトラスコプコの専門チームは、長期的にお客様の安全と満足を維持することに尽力しています。アトラスコプコが作成するすべてのツールとソリューションは、エルゴノミクスに基づいて開発されています。なぜなら、技術者が負傷するリスクがあると生産性と品質が低下することを認知し、理解しているからです。HTSリアクションサスペンションシステム、AXR多関節アーム、その他多くの産業用グラインダなどのツールを使ったアトラスコプコのエルゴノミクスへの取り組みは、1958年に人間工学プログラムを設立した当時と変わらず優れています。

エルゴノミクスへの取り組みの詳細については、アトラスコプコにお問い合わせの上、デモをご予約ください。

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

By submitting this request, Atlas Copco will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.