Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ジョイント部の検査方法

締付プロセスの最後には、ジョイント部に適正なトルクがかかっていることを確認することが重要です。

トルクが大きすぎるとジョイント部の構造が弱まり、ファスナーの破損を招きます。トルクが小さすぎるとジョイント部が緩みます。

新製品の試作段階では、ジョイント部を検査することがジョイント部に最良のトルクをかけるための生産プロセスの微調整に役立ちます。また生産プロセスでは、ジョイント部の検査によって締め付けられたジョイント部の質が確認されます。

従来、このプロセスはトルクレンチを使って、各ジョイント部に必要最小限のトルクがかかっていることを確認していました。この種の点検にはいくつかの問題があります。

まず、ジョイント部に過剰なトルクがかかっていることを知るすべがありません。トルクレンチは、最低限のトルクレベルに達したときにカチッと音が鳴りますが、トルクの上限を設定することができません。また、トレーサビリティもありません。トルクレンチではトルク値が読み取れないため、ジョイント部にかかるトルクの統計的評価もできないのです。

これらの問題を克服するための1つの方法として、ダイヤル型トルクレンチの使用や、最大トルクを読み取ることができるデジタルレンチの使用が挙げられます。これは、作業者がジョイント部に過剰なトルクをかけたかどうかを知ることができるため、貴重な情報となります。

また、トルクレンチからは、ジョイント部にかかったトルク値(残留トルク値)についての情報があまり得られません。ファスナーが動き始めてすぐに作業者がレンチの操作を止めることができれば、ジョイント部の残留トルクも読み取ることができるようになります。

ここでの問題は、各作業者の反応時間が異なるため、検査プロセスが完全に作業者に依存してしまうということです。

アトラスコプコSTwrenchの紹介

アトラスコプコのSTwrenchには、ジョイント部の検査時にリアルタイムでジョイント部の挙動を分析する特許取得済みのアルゴリズムが備わっています。レンチは残留トルクポイントを検知したときに振動し、作業者にレンチの操作を止めるよう伝えます。

このレンチによって残留トルクポイントと最大トルクの両方が示されるので、メーカーはどれくらいのトルクがジョイント部にかかっていたかがわかり、作業者がジョイント部に過剰なトルクをかけていなかったことを確認できます。STwrenchによって、ジョイント部検査プロセスはエラーゼロになります。

製品の詳細やデモの予約については、今すぐアトラスコプコにお問い合わせください。 

Quality Assurance Articles Quality