Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

MWR-Kit vs. Focus 61: Pt. II

 

Mechatronic system Power Focus 6000 Articles Software and Controllers

パート1の続き…

MWR-KitとFocus 61:パート1に続いて、MWR-Kitを選定すべき状況について考えてみましょう。お客様の用途に合わせた正しい形式を選択することは簡単ではありませんが、各選択肢の長所・短所を認識いただければ、決定が少し容易になります。

そこで、Focus 61ではなくMWR-Kitを使用するべき5つの理由を考えてみてください。

多くのツールが必要な場合

多くの生産工程では、レンチ以外のツールも使用します。例えば、工程内でレンチを予備のツールとして備えたり、異なる締付用にレンチとバッテリツールを同時に使用したりすることがあります。

そんな場合には、MWR-Kit を使えば、バッテリツール、ケーブルツール、メカトロニックレンチを同じコントローラ上でフレキシブルに動作させることができます。

PF6000 の複数の仮想ステーションにより、TBPおよびMWRを同じコントローラで動作させることが可能です。

各2台ずつTBPとMWRを動かすことも簡単です(最大接続数:6台)。MWR-Kitは必要に応じてさらにフレキシブルな対応が可能です。

外部通信

PF6000のハードウェアは他より多くの機能を備えて設計されています。フィールドバスや、リアルタイムの制御に使用される産業用通信プロトコルによって、PF6000と通信することができますが、Focus 61にはこの機能はありません。

特定の通信形態をご利用いただく場合は、MWR-Kitの採用により簡単にシステムの統合化を図ることができます。

見慣れたプラットフォーム

すでによく知っている機器を操作する方が、まったく新しい機器の操作を学習するよりずっと簡単です。お客様がPF6000とWeb操作画面を使い慣れている場合は、Focus 61よりもMWR-Kitを使う方が導入がスムーズでしょう。

その理由は、MWRが他のツールのようにMWR-Kitを介してPF6000にプログラムされているからです。ノートPCからIPアドレスを入力してPF6000に簡単に接続し、そこからウェブブラウザに接続して、ご使用のMWRの設定を行うことができます。

新しいソフトウェアや機器の操作を覚える必要はなく、すでに使い慣れたものを使用することができるのです。

PF6000の使いやすさ

PF6000を上で仮想ステーションの空きスペースをお持ちの場合、新しいコントローラを導入することなくMWRを仮想ステーションに加えることができます。お客様の生産ライン上のハードウェアの数も減らすことができます。

1つの工程内の機器数を削減

最終的に、MWR-Kitをお客様のPF6000へのネットワークに接続することで、ネットワーク化することができます。これにより、工程内に物理的にコントローラがなくてもMWRを使うことができます。

MWRレンチはMWR-Kitから約5-10m以内にある必要がありますが、コントローラはどのような場所にあっても構いません。小型で設置の容易なMWR-Kit 1台に対し、最大6台のMWRを接続できます。

結論

こうしてMWR-KitとFocus 61を比較することで、お客様がご自分の用途に最適な機器を決定する判断材料になれば幸いです。

どちらの機器も優れた製品ですが、本情報をご参考いただき、お客様の用途に最適な方式を選択してください。

ご質問、お客様の施設へのWalk the Lineツアーのご予約は、今すぐ 弊社までお問い合わせください。アトラスコプコの担当者が折り返しご連絡いたします。