アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

パワフルなエルゴノミクス

パワフルなのに振動が少ない理由

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

振動, 電動ツール
パワフルなツールといえば大型で重量があり、騒音が大きく、振動レベルも高いというイメージが多くの電動ツールユーザーに深く根付いています。では、振動のないツールはパワーがないということでしょうか。近代の電動ツールが登場した頃は、大体がこのイメージ通りでした。利用できる技術が限られており、日常的な利用による人間工学面の影響があまり知られていなかったため、優れた設計のツールの必要性は注目されていませんでした。
現在は、重量があり、振動と騒音の大きいツールを使った作業に伴う健康障害が広く知られています。そのため、ツールのパワーを向上しながら、軽量で、騒音と振動を最低限に抑えるツールを生み出すという点ですばらしい成果が達成されました。

パワーはどうやって振動を減らすのか

Power icon blue no bad vibes
  • ツールのパワーが大きいほど作業の速度が上がるので、作業完了までの所要時間を短縮できます。ツールの使用時間が短縮されるため、騒音、振動、重量、その他の力(フィード力など)にさらされることも抑制できます。パワーが2倍になれば、作業にかかる時間は半分になります。 
  • グラインダにタービンモーターが採用され、グラインダのパワーが大幅に向上しました。巧妙な設計と軽量合金材を採用することで、軽量化も実現しました。現在、アトラスコプコの小型タービングラインダは、70年代の垂直グラインダと同等のパワーがありながら、重量は半分以下で、騒音レベルは大きく低下しています。

ツールとパワー

打撃ツールは、振動レベルが高いと考えられてきました。ツールのパワーは重量と比例するため、重いほどパワーが大きくなります。70年代に振動曝露が注目されて以来、打撃ツールの振動レベルを低減するため、多くの取り組みが実施されてきました。こうした取り組みを通じて、さまざまな振動抑制技術が飛躍的に進歩しました。振動レベルを大きく減らすだけなく、パワーを維持しながら、ツールの重量を最大50%削減できます。アトラスコプコの防振打撃ツールは、すべて同等のパワーの従来型ハンマーに比べ、軽量化され、振動レベルも大きく減少しています。
エルゴノミクスに優れたツールをお探しの場合は、パワーもぜひ考慮してください。パワーこそが、曝露時間の短縮とエルゴノミクス要素すべてを同時に実現できる唯一の手段です。

LSF29ダイグラインダ:小型でパワフルなツール

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

By submitting this request, Atlas Copco will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.