Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

検査すべきはツール?それともジョイント?

世界中にある製造工場では毎日、さまざまな種類の検査が行われています。ジョイント部を検査することの重要性を強調する人もいれば、検査そのものに重きを置く人もいますが、生産品質を確保にはどちらも等しく重要です。

ジョイント部の検査では、実施された締付が生産プロセスの品質基準に準拠しているどうかを判断します。例えば、車両のホイールのボルトには、車両の安全性を確保するのに正しいトルク量がかけられている必要があります。

締付プロセスの質を確認すれば十分であると言う人もいますが、弊社は、品質とはさらに一歩先へ進めることができるものであり、製造プロセス中に考えられるあらゆる問題は防止できると考えます。ツール検査は、ツールがシフトごとに正しく機能していることを確認することで、このプロセスの完了に貢献します。

ツールの性能を監視すると、ツールの精度が落ちる前にツール交換をトリガーし、生産に影響を与える可能性があります。

詳細については、弊社のQA Platform 4.0をご覧ください。こちらからデモの問い合わせやインダストリー4.0評価をリクエストして、最先端の製造変革を開始しましょう。

Quality Assurance Articles