アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

ウェブコース - 締付けと組み立て

アトラスコプコの締付け技術ウェブコースへようこそ。締付けの重要性を確認しましょう。

お問い合わせ

レッスン2

ツールが締付けに与える影響についてもっと知る

ビデオ1 - なぜ角度を監視するのか(9:10)

• ハードジョイントとソフトジョイント

• 角度の限界

Loading...

ビデオ2 - オーバショットとミーンシフト(1:45)

Loading...

このコースがお役に立った場合は、専用のポケットガイドもダウンロードされることをお勧めします

締付け技術用語集

締付け力 - ボルトによってジョイント材にかかる圧縮力。締付け荷重とも呼ばれる。

予圧
- ボルトに生じる張力。

軸荷重
- ボルトの軸と同じ方向にかかる力。

横荷重
- ボルトに対して直角にかかる力。

摩擦
- 互いに反対方向に動く素材にかかる抵抗力。

トルク
- 互いに反対方向に動く素材にかかる抵抗力。

プリベイリングトルク
- ねじやボルトをねじ込むために必要なトルクの量。通常、ロックナットまたはタッピンねじに関係する。

残留トルク
- 締付け後にジョイントに残っているトルクの量。

静的破断トルク
- 締付け後にジョイントに残っているトルクの量。

リラクゼーション - 締付け後のジョイントの締付け荷重の損失。

埋め込み
- 硬い面の高表面圧力に起因するリラクゼーションの原因。多くは硬い多層構造のハードジョイントに見られる。埋め込みに関連するリラクゼーションは、通常、短時間で安定する(0.2秒未満)。

クリープ
- 柔らかい素材に高い圧力がかかることによるリラクゼーションの原因で、素材がゆっくりとジョイントから緩んでくる。埋め込みによる損失よりも時間がかかる可能性が高い。

応力
- 単位領域あたりの力。たとえば、N/m2(1平方メートルあたりニュートン)やpsi(1平方インチあたりポンド)など。

ひずみ
- 元の長さと比較した長さ変化。

弾性域
- 荷重が取り除かれたときに素材が変形していない状態に戻る、角度・トルク曲線の領域。

塑性域
- 素材が永久変形を生じる領域。

降伏点
- 塑性域から弾性域に変わるポイント。

スナッグ
- ボルト締めジョイントの部品同士が接触し、トルクが発生するポイント。

ハードジョイント
- ナットとボルトの座面間にあるプレートと素材の剛性が高いこと。通常は、ボルトをフルトルクまで締付け、スナッグポイントに達した後、30度以内の回転をかけるものを指す。

ソフトジョイント
- ナットとボルトの座面間にあるプレートと素材の剛性が低いこと。この場合、通常は、スナッグポイントに達した後、2回転以上回して締付ける必要がある。