Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション

オフロード業界と急速に進行するインダストリー4.0

オフロード業界では、組立工程に多くの問題を抱えています。低い柔軟性や、結果として費用がかかる可能性がある人的エラーの他、既存の市場と新興市場の両方における、技術革新と農業機械化の爆発的な進行などです。また、組立工程のデジタル化とインターネット接続も広がりつつあり、これは、メーカーに多大なメリットをもたらし、コストの削減を実現するでしょう。

今こそ、新たな革新の波に乗り、事業の潜在的な可能性を解き放つときです。

オフロード業界の大きな課題

建設、林業、農業の各業界では、オフロード車がますます複雑化しており、人口増に伴い、需要が高まっています。

これまでに、オフロード車メーカーがデジタル化の動向を真っ先に取り入れることはありませんでした。

自動化が遅れている理由の1つは、組み立て工程が複雑であることです。オフロード車の製造工場では、やむを得ない理由で、ほとんどの工程がまだ手動で実施されています。

成功を収めるには、革新的な方法でデータを収集し、利用して、分析のうえ、より良い意思決定をし、これを通じて新たな機会を発見し、結果として効率性を高めること以外にはありえません。

スマートマニュファクチャリングの要点

中国のオフロード農業輸送を支えるインダストリー4.0

インダストリー4.0はバズワードの1つのように思えるかもしれませんが、あらゆるバズワードを生み出す源泉とも言えます。インダストリー4.0は新たな産業革命であり、モノのインターネット(IoT)とこれに伴うビッグデータフローを人工知能(AI)と機械学習に集約し、予測やエラー防止に活用することです。拡張現実(AR)と付加製造(AM)を通じて新たな機会がもたらされ、コスト削減、効率性の向上、工程での人的エラーの低減など、大きな可能性が見込まれます。
当然ながら、大量のデータを生成し、これを分析して事業機会とするのに、ロボットを全工程に導入して、完全に自動化する必要はありません。データ主導の組立工程に移行するには、スマートコネクテッドツールの導入が最初のステップです。

デジタル化には巨大な可能性があります。

多くの企業はすでにデータを収集していますが、これをどのように活用するかについては、まだ迷っています。適切な分析ソフトウェアツールを利用すれば、操業が目標の基準に達しているか、工場管理者が数秒で把握できるようになります。大量のデータを活用すれば、適切なトレーニングを実施したり、組立工程の締付け品質に関する詳細な統計情報をエンドユーザーに提供したりできます。

スマートマニュファクチャリングがオフロード業界にもたらす3つのメリット

接続性を高めることから生じる主要なコスト削減効果は、最もシンプルな形でオフロード業界の経済性を高めます。すべてのスマートツールと、オペレータによる使用状況を追跡すれば、管理者が予防的措置を講じて、故障前にツールを交換することができます。

メーカーは、生産ラインの休止時間を短縮して、品質を高めることを最も重視しています。人的エラーとツールの故障を最低限に抑えると、効率性が大幅に向上します。これにより、生産工程の柔軟性も高まります。さらに、ビッグデータフローにより、他の市場にレプリカの工場を作る機会も開かれます。

データの透明性が高まれば、日々の操業に予防メンテナンスを導入できます。そのため、現場の休止時間を短縮して、コスト節減につながります。製造工程でスマートツールとソフトウェアを取り入れれば、オフロード車メーカーは新たな革新的技術を受け入れて、インダストリー4.0のメリットを確実に享受することができます。