アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

正しいベーンエアモータの選定方法

ある特定の用途に合ったモータを選ぶには、どの条件を満たすべきか考慮していただく必要があります。以下のように、1つずつ順を追って検討していくことをお勧めいたします。


エアモータを選定する際の一般的な方式

エアモータは幅広い動作範囲を持つため、同じ動作点を持つ複数のモータモデルが存在することになります。トルク/回転速度の性能曲線上のどの点を選定するかが、モータ選定の際の決め手となります。 性能曲線上の最大出力時の速度付近でモータを運転することが最も効率的なため、できる限り動作点が最大出力付近になるモータを選定することが推奨されます。この条件で選定すれば、エア消費量も最小に抑えることができます。また、 エアモータの速度の安定性を重視する場合、最大出力未満の速度での運転は避けた方が良いでしょう。負荷が増加した場合に、余力を確保しておく必要があるからです。ご使用条件の負荷トルクが不明な時は、無負荷回転速度に近いところで選定していただくことをお勧めします。
低回転/高トルクでの運転では、ギアにかかる負荷が大きくなります。また、逆に高回転/低トルクは、ベーンの消耗速度に影響します。 エアモータの消耗を極力抑えたい場合は、高出力のモータを流量制限、または低圧で運転するよう選定することをお勧めいたします。


異なる動作点の領域

画像をご覧ください:

正しいエアモータ

異なる動作点の領域





(1)
高い起動トルク
安定した回転速度
高いエア消費量
高いベーン摩耗、低いギア摩耗
(2)
最小のモータ 大部分の部品が平均的に摩耗する
(3)
低い起動トルク
きわめて高い回転速度
低いエア消費量
ギアへの高負荷
低いベーン摩耗