スマートに繋がる組立ライン

ここからお問い合わせください

より高度なプロダクトミックス

消費者最終製品のカスタマイズに対する要求は、今後も増大していきます。「インダストリー4.0」の「バッチサイズ1」ビジョンとは、生産量が1個でも100万個でも同一コストにするという考え方です。このためには、生産における新たなレベルの柔軟性が必要です。

システムの複雑さ

生産システムが複雑さを増すとともに、生産の重要業務はネットワークシステムへの依存度をさらに高めていくでしょう。構成管理、ソフトウェアのバージョン管理、アクセス制御を重視することが、品質管理と生産稼働率の維持に不可欠となっていきます。

人的要因

今後は、人的要因が重要な役割を果たすことになります。組立オペレータは、ポテンシャルを活かすために利用できる新たな技術を採用していかなければなりません。そのためには、システムが使いやすいものでなければならず、組立工程でつくり出された膨大な量のデータが、オペレータに提示される最も重要な情報で処理される必要があります

Loading...