人との相互作用

スマートに繋がる組立ライン - 6本の価値の柱

人との相互作用

オペレータを重視したスマートツールによる組立ライン改善
アトラスコプコは、効率のよい人間工学に基づいたツールを長年にわたってオペレータに提供してきました。この経験は、未来の工場のツールを設計する際にも活かされています。今日、工場が直面する最大の問題の1つに、十分なトレーニングを受けたスタッフの確保が挙げられます。少量多品種の新製品のラインに適応するには、古い人員と新しい人員が生産工程に対処できるようトレーニングが必要です。これには時間がかかるため、労働力に大きな変化があると組織はその影響を直接的に受けてしまいます。最先端の製造技術を備えた従業員を新たに確保することはますます困難な状況です。

課題
競争力を継続させるためには、継続的な生産現場の改善が必要です。つまり、スタッフのトレーニングに時間と費用をつぎ込んで可能な限り最高品質の製品を生産できるようにしなければなりません。これにはコストがかかります。
スタッフのトレーニングで定評のある方法の1つは、経験豊富なオペレータを経験の不十分なオペレータと組ませて、必要に応じて助言、指導することです。しかし、人員削減に伴い、工場内に人員が分散されている現状では、この方法は非現実的です。理想は、オペレータがトレーニングを受けなくても仕事を正しくできることです。

機会
アトラスコプコのスマートに繋がる組立ラインを導入することで、トレーニングと採用に関するあらゆる問題の対処がかつてないほど簡単になりました。第四次産業革命、つまりインダストリー4.0では、相互接続されたスマートな組み立てラインが実現しつつあります。
スマートなツールが障害やエラーを見つけ出し、どう修正したらよいかについてアドバイスを提供することでオペレータをサポートします。従業員は仕事をしながら常にアドバイスをリアルタイムで受けられるため、トレーニングに要する時間と費用を節約できます。これは新人のレーニングだけでなく、経験を積んだオペレータを新しい製品ラインにシフトする際のトレーニングにも適用できます。
ある大手自動車メーカーでは、オペレータガイダンスの導入により、新モデル発売時のトレーニング時間と費用を30%低減しました。直接的なインストラクションと即時の修正が、アトラスコプコのスマートに繋がる組立ラインの数ある利点の一つです。

スマートに繋がる組立ラインで人的問題を解決する
すべてのツールには、オペレータフィードバックが直接組み込まれています。これにより、目標の成果を達成できているか、修正すべきミスがあるかをオペレータが確認できます。ツールとすべてのツールが繋がっているシステムは使いやすく直観的に設計されているため、トレーニングに要する時間は短くて済みます。
アトラスコプコのツールにはTurboTight®ソリューションが組み込まれているため、オペレータのエルゴノミクスが向上します。この制御アルゴリズムによりツールが締付けの反発力を吸収して、オペレータの労力を大幅に軽減するため、サイクルタイムが短くなり、柔軟性が向上します。
オペレータガイダンスにより、作業者は画面上の画像やテキストで直接の指示を受け取るため、意思決定する必要がなくなります。継続的に指示を提供することで、オペレータがより効率的に仕事することができ、ミスをなくして必要なトレーニングを減らせます。軽量で人間工学を採用したワイヤレス仕様のアトラスコプコツールは、オペレータや機器の損傷リスクを大きく減らすので、生産現場では好評です。このようにスマートな統合型ソリューションが、スマートに繋がる組立ラインの利便性を明確に示しています。

収益性
製造工場でインダストリー4.0を導入推進する取り組みの一環として、オペレータと作業環境を重視することは不可欠です。スマートツールを始めとするスマートに繋がる組立ラインのソリューションを導入すると、製造面の利点を享受できるだけでなく、迅速に新人スタッフをトレーニングしたり経験を積んだオペレータを必要に応じて新しい生産ラインへシフトできます。

スマートに繋がる組立ラインへようこそ
スマートに繋がる組立ラインは、インダストリー4.0の実現を可能にするアトラスコプコのコンセプトです。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術が実現します。
スマートに繋がる組立ラインとインダストリー4.0の詳細を見るには、以下をクリックしてください

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly whitepaper 5 MB, PDF

顧客事例 White paper ビデオ ポケットガイド