人との相互作用

スマートコネクテッドアセンブリ - 価値の6本の柱

人との相互作用

オペレータを重視したスマートツールによる組み立てライン改善
アトラスコプコは、効率が高く、人間工学に優れたツールを長年にわたってオペレータに提供してきました。この経験は、未来の工場のツールを設計する際にも活かされています。今日、工場が直面する最大の問題の1つに、十分なトレーニングを受けたスタッフの確保があります。多数の新製品ラインに適応するには、古い人員と新しい人員が生産工程に対処できるようにするトレーニングが必要です。これには時間がかかるため、労働力に大きな変化があると組織はその影響をもろに受けてしまいます。最先端の製造スキルを備えた従業員を新たに確保することもますます困難になっています。

課題

競争力を継続させるためには、絶え間ない生産の変革が必要になります。つまり、人材のトレーニングに時間と費用をつぎ込んで、可能な限り最高品質の製品を生産できるようにしなければなりません。しかし、これには多額のコストがかかります。
人材トレーニングで定評ある方法の1つは、経験豊富なオペレータと経験の足りないオペレータを組ませて、必要に応じて助言、指導することです。しかし、人員削減に伴い、工場内に人員が分散される環境では、この方法は非現実的です。理想は、トレーニングを受けなくてもオペレータが仕事を正しくできることです。

機会

アトラスコプコのスマートコネクテッドアセンブリを導入することで、トレーニングや新規採用に伴う問題の対処がかつてないほど簡単になりました。第4次産業革命、すなわちインダストリー4.0の普及に伴い、相互接続されたスマートな組み立てラインが実現しつつあります。
スマートツールは不具合やエラーを検出し、その修正方法を指示して、オペレータを支援します。作業中に常にリアルタイムのガイダンスが表示されるため、従業員のトレーニングにかかる時間と費用を節約できます。そのため、新人ばかりではなく、経験豊富なオペレータを新しい生産ラインに配置換えする際にも有益です。
ある大手自動車メーカーは、オペレータガイダンスの導入により、新モデル発売時のトレーニングにかかる時間とコストを30%削減しました。直接指示でき、即時に修正できる点が、アトラスコプコのスマートコネクテッドアセンブリの数ある利点のひとつです。

スマートコネクテッドアセンブリで人的問題を解決

すべてのツールには、オペレータフィードバック機能が直接組み込まれています。これにより、目標の成果を達成できているか、修正すべきミスがあるかをオペレータが確認できます。ツールとすべてのツールがつながるシステムは使いやすく直観的に設計されているため、トレーニングに要する時間はわずかです
アトラスコプコのツールにはTurboTight®ソリューションが採用されており、人間工学面で改善されています。この制御アルゴリズムにより、ツールの締付け反力が吸収され、オペレータの労力が軽減されるため、サイクルタイムが短縮され、柔軟性が向上します。
オペレータガイダンスにより、画面上に図やテキストが表示され、オペレータに直接指示が提供されるため、オペレータの判断を軽減します。常に指示が表示されるため、効率よく作業でき、ミスを防いで、トレーニングの必要性も低減されます。アトラスコプコツールの軽量で、人間工学に配慮したワイヤレス設計により、オペレータの負傷や機器の損傷リスクが大幅に軽減されるため、生産スタッフの間でスマートツールは高い人気を得ています。このようなスマートな統合ソリューションは、スマートコネクテッドアセンブリの便利さを明確に示しています。

収益性
製造工場改修の一環でインダストリー4.0を導入するには、オペレータと職場環境を重視することが不可欠です。スマートツールなどのスマートコネクテッドアセンブリを導入すると、最先端の生産が実現するばかりではなく、新人トレーニングの時間が短縮され、必要に応じて経験豊富なオペレータを新しい生産ラインに配置換えできます。

スマートコネクテッドアセンブリは、インダストリー4.0を実現するアトラスコプコ独自のコンセプトです。使いやすい技術が短期間で価値をもたらす環境が現実になります。

以下をクリックして、スマートコネクテッドアセンブリとインダストリー4.0の詳細をご覧ください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly - from vision to reality 1.2 MB, PDF

お客様の導入事例 白書 ビデオ ポケットガイド