生産性の向上

スマートに繋がる組立ライン - 6本の価値の柱

生産性の向上

生産性の向上
生産と組立ラインを管理するということは、生産性を重視することと同じ意味です。生産と組み立てに関連するあらゆる開発において常に原動力となるのが生産性です。すでに第四次産業革命が始まっています。この変革の原動力として欠かせないのがやはり生産性です。しかも生産性は、取り組みの中で新たな視点をつくり出します。

課題
より効率よいツールの導入と作業工程の微調整が生産性を向上するための継続的取り組みの一部です。組立ラインでは、コストを減らしてアウトプットを高めるための計画立て直しが常に行われています。他には何ができるでしょう。生産性をもっと向上させるにはどうすればよいでしょうか。
次の段階へ進めるためには、見直しと新しい視点が必要です。これは非常に困難な課題であり、段階的なアプローチが必要です。

機会
データは未来のスマートな組み立てラインの土台を築きます。計画の作成と立て直しにおける重要な構成要素です。現実のデータを使用することで、品質と生産性が大きく向上することが明らかになっています。ある大手のオフロード車メーカーでは、NOK締付け数が73%減り、ファイナル完成車合格率が98%まで向上しました。これは、上位3つの問題領域を定期的に特定し、対処するという体系的なアプローチによって達成できました。このようにデータを活用した新しい方法が真の生産性を明らかにし、段階的に導入して管理を維持できます。

スマートコに繋がる組立ラインを使用した生産性向上
生産性とは、手直し作業を減らし、欠陥を最小にし、アウトプットを最大にすることです。生産性の問題は、隔離された領域の解析だけに限ることはできません。様々な視点から考慮すべき問題です。その秘訣は生産工程の始めから終わりまで長い視点で取り組むことで、これにより生産性に関わるあらゆる要素を最適化できます。
生産を構成するすべての要素から得た実際のデータを使用することでこれが可能になります。組立ラインのアウトプット、品質、時間、コストに関するデータをワークステーションとツールを使って比較することができます。計画の作成と立て直しが実情に基づくことになり、真の生産性向上が可能になります。

生産性向上を実現する鍵となるのは、次世代ToolsNet 8によるデータ収集と分析です。これは、生産工程の最適化に活用されます。PowerFocusなどのコントローラと組み合わせると、組立工程全体を制御でき、品質と生産性を向上するためのプラットフォームとなります。

オペレータの役割は、生産性を次の段階へ引き上げる上で欠かせません。オペレータガイダンスソリューションにより、オペレータは画面上で画像やテキストを含む直接指示を受けるので、ミスが減ります。常にガイダンスが提供されるため、オペレータは効率的に仕事ができ、時間の無駄がありません。さらに従業員のトレーニングも最低限で済み、工程内に拡張性や柔軟性が生まれます。
スマートに繋がる組立ラインを導入することで、生産性の向上が、生産ラインの最初から最後まで長い視点から、段階的アプローチの中で進みます。

収益性
スマートに繋がる組立ラインは、ビジョン達成に向けた進化の一環です。ToolsNetは、組立ラインの完全デジタル化とインダストリー4.0への第一歩です。次の段階の生産性を実現する準備を整えます。

スマートに繋がる組立ラインへようこそ
スマートに繋がる組立ラインは、インダストリー4.0の実現を可能にします。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術が実現します。
スマートに繋がる組立ラインとインダストリー4.0の詳細を見るには、ここをクリックしてください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly whitepaper 5 MB, PDF

顧客事例 White paper ビデオ ポケットガイド