稼働時間の延長

スマートコネクテッドアセンブリ - 6本の価値の柱

稼働時間の延長

計画と納品期日を守ることが製造業で成功するための重要要因です。そのために重要なのは、継続した生産を維持して不測の生産停止を防ぐことです。これは、生産工程がすでに確立されており、事業におけるボトルネックが排除されているということを意味します。それでも、稼働時間を延ばすための機会は残っています。稼働停止によるコストが大きいため、わずかと思える改善でも高い効果があります。

課題

製品が複雑になる一方、少量ロットでタクトタイムが短くなるため、生産稼働時間の延長はますます難しくなっています。生産の遅れや不測の停止が生じると、多額のコストが発生します。直接のコスト損失は3,000~6,000ユーロ/分と推測されますが、これはほんの一部にすぎません。隠れたコストはなかなか予測できませんが、通常はさらに高額になります。これはコストばかりではなく、生産上の重点でもあります。生産工程を着実に、高い信頼性で運用することにより、時間の余裕が生まれ、継続的な改善に集中できます。

機会

生産データを活用することで、組み立てラインのリスクを特定して、問題が発生する前に対処することができます。新しいサービスプログラムは、アトラスコプコのお客様の生産分析を通じて生まれました。データに基づく予測プログラムにより、ツールの不測の休止時間を75%も削減します。

スマートコネクテッドアセンブリを使用して稼働時間を延ばす

アトラスコプコでは、エンドツーエンドのアプローチを採用しています。稼働時間は、ツールの堅牢性だけで決まるものではありません。これは構成、ソフトウェア、トレーニングにより支えられる全体的な工程により決まります。さらに頑丈なツールを追求するとともに、稼働時間を延長する革新的な方法も追求しています。データは、組み立てライン、ワークステーション、ツール全体から収集されます。生産停止のリスクが特定され、組み立てラインの設計は事前に最適化されます。さらに、生産アナライザ、ボディトラッキングシステム、ピックトゥライトなどの具体的な技術により、エラーとやり直しを防ぎ、工程の無駄な時間を削減します。

スマートサービス
ToolsNetにより、スマートな予防メンテナンス基盤が整います。スマートサービスは、締め付けシステムの信頼性を高め、データ解析に基づいて実施されます。ツールとワークステーションには分析機能が内蔵されており、実際の状況に応じて、個々のツールのメンテナンスの必要性を事前に特定できます。
アトラスコプコのツールは、スマートサービスに対応するよう設計されており、短時間で簡単なメンテナンスと修理が可能になります。サービス組織は同じ目標に向かって協力して取り組み、関連性の高い、効果的な保守が可能になります。製品のサービス性と先を見越したサービスアプローチにより、生産稼働時間を延長できます。
生産停止が発生した場合には、利用できる全データを活用して、原因を短時間で追跡できます。さらに、データ分析により、適切な対策を特定して、さらなる問題が発生するリスクを防ぎます。

収益性
スマートコネクテッドアセンブリ、データに基づくスマートサービス、エンドトゥエンドアプローチ、堅牢なソリューションを組み合わせると、稼働時間を延長して、休止時間を防ぎます。

スマートコネクテッドアセンブリはインダストリー4.0の実現を支えます。使いやすい技術が短期間で価値をもたらす環境が現実になります。

以下をクリックして、スマートコネクテッドアセンブリとインダストリー4.0の詳細をご覧ください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly - from vision to reality 1.2 MB, PDF

お客様の導入事例 白書 ビデオ ポケットガイド