稼働時間の延長

スマートに繋がる組立ライン ー 6本の価値の柱

稼働時間の延長

稼働時間の伸長
計画と納品期日を守ることが製造業で成功するための重要事項です。そのために必要なことは、継続した生産を維持して不測の生産停止を防ぐことです。これは、生産工程がすでに確立されており、事業におけるボトルネックが排除されているということを意味します。それでも、さらに稼働時間を延ばすための機会は残されています。稼働停止によるコストが大きいため、小さな改善の積み重ねが高い効果を生み出します。

課題
製品の複雑性が高まる一方、少量ロットでタクトタイムが短くなるため、生産稼働時間の延長はますます難しくなっています。生産の遅れや不測の停止が生じると、多大なコストが発生します。直接のコスト損失は1分間で€3,000~6,000見込まれますが、これだけでは済みません。隠れたコストは算出が難しく、実際は見込みよりもさらに高額になります。コストだけでなく、製造上の重点課題です。生産工程を着実に、高い信頼性で運用することで時間の余裕が生まれ、継続的な改善に集中できます。

機会
生産データを活用することで、組立ラインのリスクを特定し、問題が発生する前に対処することができます。お客様が生産を解析しようとした時、新しいサービスプログラムが生まれました。このデータを活用した予防保全プログラムにより、ツールが予期せず停止することが75%減少しました。

スマートに繋がる組立ラインを活用して稼働時間を延ばします
アトラスコプコでは、生産ラインの最初から最後まで包括するアプローチを採用しています。稼働時間は、ツールの耐久性だけではなく、構成、ソフトウェア、トレーニングによってサポートされるプロセス全体に関連します。アトラスコプコはツールの強度を追求し続ける一方で、稼働時間を延ばす革新的な方法を探求しています。データは組立ライン、ワークステーション、ツールから収集されます。生産停止のリスクが特定され、組立ライン設計をあらかじめ最適化できます。さらに生産解析、トラッキングシステム、正しい部品のピッキングなど、より具体的な技術を導入することで、エラー、手直し作業を防ぎ、工程の無駄な時間を削減します。

スマートサービス
ToolsNetにより、スマートな予防保全の基盤が整備されます。スマートサービスは、締付けシステムの信頼性を高め、データ解析に基づいて実施されます。ツールとワークステーションに内蔵されている解析機能が、個々のツールのメンテナンスの必要性を、実際の状況に基づいて、事前に特定します。
アトラスコプコのツールが対応するスマートサービスにより、素早く簡単なメンテナンスと修理が可能になります。サービス組織でも同じ目標に向かって取り組みを進めているため、関連する効果的なサービス提供が可能です。製品の保守性と先を見据えたサービスアプローチを通じて、生産稼働時間を延長することができます。
生産が停止すると、利用できるすべてのデータを活用して、根本原因をすばやく突き止めることができます。さらに、データ解析により有効な対策が特定されて、リスクを回避します。

収益性
スマートに繋がる組立ラインのスマートデータ式サービス、生産ラインの最初から最後まで包括するアプローチ、非稼動時間を減らすソリューションを使用することで、稼働時間を延ばすことができます。

スマートに繋がる組立ラインへようこそ
スマートに繋がる組立ラインは、インダストリー4.0の実現を可能にします。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術です。
スマートに繋がる組立ラインとインダストリー4.0の詳細を見るには、以下をクリックしてください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly whitepaper 5 MB, PDF

顧客事例 White paper ビデオ ポケットガイド