新製品の導入

スマートコネクテッドアセンブリ - 6本の価値の柱

新製品の導入

より速く優れた組み立てラインをつくり出す
新製品に対する市場の需要が高まり競争が熾烈化するなか、組み立てラインを適応/変更できるかどうかが競争力を維持する上で重要になります。新しい生産ラインを、潜在能力を最大限に引き出しながら、かつてないほど速く軌道に乗せなければなりません。しかも品質とコストをおろそかにしてはならないのです。今日の製造業界で組み立てラインを維持するのは容易なことではありません。

課題

必要なすべての変更を行なうためには時間とリソースの両方が必要です。工場内では、機器やワークステーションを移動したり生産ラインに追加する必要があります。工程に人員を確保して、品質を最高レベルに維持することも求められます。しかも、生産目標を常に維持管理することも必要です。
これらの変更が確実に行なわれて最初から適切なアプローチが常に得られるシステムがあれば、必要な時間とリソースを最小限に抑えることができます。

機会

第4次産業革命がすでに始まっています。デバイスや機器は大量のデータを共有し、収集できます。しかし、機器のデータ収集/共有能力により、変わり続ける生産ラインの負荷をどれだけ減らせるでしょうか。
弊社の調査より、スマートコネクテッドアセンブリを組み立てラインに導入することで、新製品を非常に速く、少ないコストで導入し、品質を維持できることが明らかになりました。あるお客様は、変更にかかるコストを57%削減しています。しかもこれらすべてが、品質を維持しながら、1度目で正しくできたのです。

スマートコネクテッドアセンブリによる新製品の導入

理想的な組み立てラインには、迅速な切替時間と徹底的な品質保証/試験が組み込まれています。それを正しく行なうためには、情報と適切な計画が必要です。データ収集と計画のベースとなる以下の構成要素がひとつになって生産システムができあがります。
• ライン全体を最適化する組み立てラインデータ
• ワークステーション機能を管理して拡張を可能にするワークステーションデータ
• ツールが適正に構成されるためのツール構成
• オペレータによる仕事の遂行をサポートするオペレータ情報
仮想ワークステーションロジックでは、業務とプロセスの試験、拡張、バランス調整が可能です。各ワークステーションは制御ロジックであらかじめ設定済みで、迅速で直観的な変更と調整が可能です。新しいハードウェアを配置変更や試運転するのでなく、新しい構成をワークステーションにロードするだけで済みます。
スマートコネクテッドアセンブリがオペレータの作業を支援し、トレーニングを不要にして、品質と収益を重視した迅速な新製品導入を可能にします。
収益性を維持しながら、生産変更を継続的に実施できる能力は、競争力維持に不可欠な要素で、ますます重要になっています。新しい高品質製品を生産するラインを速く、最小のコストで導入する必要があります。スマートコネクテッドアセンブリによりこれらの目標をすべて実現し、コスト効果、品質、スピードを最大限にまで高めることができます。
スマートコネクテッドアセンブリへようこそ

スマートコネクテッドアセンブリは、インダストリー4.0の実現を支えます。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術が実現します。

スマートコネクテッドアセンブリとインダストリー4.0の詳細を見るには、ここをクリックしてください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly - from vision to reality 1.2 MB, PDF

お客様の導入事例 白書 ビデオ ポケットガイド