省エネ

スマートに繋がる組立ライン 6本の価値の柱

省エネ

省エネ ー 環境へのインパクト低減とコスト節減がサステイナブルなすべてのビジネスにとって重要です。規制要件、消費者の認識、ビジネスの収益性など、これらすべてが要因となって私たちは事業プロセスにおけるエネルギー使用量に注視しています。課題 ー エネルギー消費量を大きく減らすには弛まぬ努力による取り組みしかありません。このような取り組みは全分野、工程の全段階、事業の全部門で不可欠です。組立ラインでは、生産性、品質、稼働時間を損なうことのない貢献が可能です。事実、省エネの取り組みは企業にとって大きなプラスとなります。機会 ー スマートに繋がる組立ラインは稼動、生産、時間など、全体的な無駄を省きます。廃棄物は多大なエネルギーを消費しますので、廃棄物を減らすことは重要課題です。電動ツールを使用している時、大部分のエネルギーは実はスタンバイモードの時に消費されています。1台のコントローラに1本のツールを接続していた時に比べて、1台のコントローラを6本のツールに同時に接続することで、エネルギー消費量を大幅に削減でき、スタンバイ時のエネルギーコストを80%以上も節約できます。エアツールから電動ツールに移行すると、大幅な省エネを達成できます。スマートに繋がる組立ラインによる省エネ ー サステイナブルな省エネ達成の秘訣は、組み立てライン全体でエネルギー消費量を最小限に抑えることです。「端から端まで」のアプローチは、組立、手直し、スタンバイ、品質エラーにおけるエネルギーの無駄を特定します。工程の最適化がエネルギー消費量を最小限に抑えるためのベストソリューションです。アトラスコプコのPower Focus 6000は最大6本のツールに接続でき、スタンバイ時のエネルギーコストを低減します。必要な配線管理やハードウェア部品が少ないことも環境資源の節約に貢献します。同時にPower Focus 6000で柔軟性も向上するため、最適化プロセスがより効率的になります。スマートに繋がる組立ラインは組立工程を最適化し、生産時の無駄を抑え、省エネを実現します。収益性 ー スマートに繋がる組立ラインの導入により、省エネ目標達成に大きく前進できます。デジタル化が生み出す、想像を超えた世界が現実になります。スマートに繋がる組立ラインによって生まれるインフラにより、情報をシームレスに送り、解析に使用できるインテリジェントなシステムが可能になります。データ解析は、効率の高い組立ラインを構築する有効なツールとなります。以上のすべてが、組織の省エネに貢献します。スマートに繋がる組立ラインへようこそ ー スマートに繋がる組立ラインは、インダストリー4.0の実現を可能にします。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術が実現します。スマートに繋がる組立ラインとインダストリー4.0の詳細を見るには、以下をクリックしてください。


  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly whitepaper 5 MB, PDF

顧客事例 White paper ビデオ ポケットガイド