不具合品を削減

スマートコネクテッドアセンブリ - 6本の価値の柱

不具合品を削減

製品品質に問題が発生した場合の直接的なコストはかなりの額になります。品質に関連する問題の対処に伴う隠れたコストも多額です。さらに、ブランドの信頼回復と収益損失による長期的な影響もはかりしれません。品質維持は、組み立てラインの構築にとって常に重要です。そのうえ、少量品に速く対応しながら、複雑な製品も扱わなければなりません。

課題

製品がますます複雑になるとともに少量化し、タクトタイムも短縮される状況では、生産の品質保証がますます困難になっています。生産システムは、品質要求に満たない製品が工場を出ないようにしなければなりません。試験、検証、やり直しのコストは高額に上るものです。品質が保証され、柔軟な生産を定着させて、やり直しを最小限に抑えることが必要です。しかし、その実現は困難で、維持には多大な手間がかかります。

機会

アトラスコプコでは開発、設置、検討のあらゆる段階で、品質を最優先しています。弊社では、新技術を導入することにより品質にかかるコストを低減する新しい方法を常に模索しています。
アトラスコプコのピックトゥライトソリューションを採用して、やり直し作業を15%減らしたお客様もいます。このソリューションを使うと、オペレータは常に適切な部品をピックできます。そのため、欠陥がある製品バッチを防ぐことができます。
スマートコネクテッドアセンブリのコンセプトは、インダストリー4.0に対応した品質管理を実現します。

スマートコネクテッドアセンブリで欠陥を減らす

欠陥は、構造上の不具合、工程設計、ツール、オペレータ、部品、不適切なトレーニングなど、多くの原因により発生します。品質問題に適正に対処するには、システム内で原因をすばやく正確に特定する必要があります。解析することで、生産の品質コストを削減し、時にはゼロにすることもできます。根本的な原因を把握するには、システム全体の視点が必要です。スマートコネクテッドアセンブリは、これに最適です。生産の各要素は、すべて1つのシステムに統合されています。組み立てライン、ワークステーション、ツール、オペレータが1つのシステムを構成しています。あなたのすべきことは、原因、ボトルネック、品質リスクを特定するだけです。
スマートコネクテッドアセンブリソリューションは、幅広い技術を組み込んで、欠陥を特定し、低減します。
• 設定管理ツールにより品質保証済みの設定を再利用
• 仮想ワークステーションでは、新しいハードウェアがなくても品質を確保して拡張が可能
• オペレータガイダンスから直接フィードバックを提供して、新工程でもオペレータを支援
• ピックトゥライトやTrueAngleなどの製品を採用して、スマートな品質管理を実現
スマートコネクテッドアセンブリは多様なレベルで価値を提供するほか、工程を分析して、根本原因を特定する能力も備えています

収益性
スマートコネクテッドアセンブリは生産時の欠陥リスクを減らすだけでなく、継続的な品質維持も可能にします。さらに、問題の根本原因をすばやく特定できます。

スマートコネクテッドアセンブリへようこそ
スマートコネクテッドアセンブリは、インダストリー4.0の実現を支えます。使いやすく、短時間で価値をもたらす技術が実現します。

スマートコネクテッドアセンブリとインダストリー4.0の詳細を見るには、以下をクリックしてください。

  • Smart Connected Assembly 5.9 MB, PDF
  • Smart Connected Assembly - from vision to reality 1.2 MB, PDF

お客様の導入事例 白書 ビデオ ポケットガイド