アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

輸送産業の傾向

B2B調査会社、Markets and Markets社の分析によると、2018年の輸送産業のトップトレンドとして、電動/燃料電池搭載のトラック、自律運転、電動/ハイブリッドバス、トラックプラトーン走行、スマート輸送ソリューションの需要が増加しています。こうしたトレンドは、トラック/バスメーカーが外部的なビジネス環境から受ける課題に対応したものです。

増加するトラック/バス生産

輸送業界の中でも、トラックとバスは、技術の進歩やサプライヤー/OEMからの投資に関してのリーダーです。生産の増加は、貨物や乗客輸送の需要増を受けてのものです。

OICAの資料とMarkets and Markets社の分析によると、世界的なトラック生産は2017年に402万台で、2015年の360万台から増加しています。また、世界の2018年のバス生産は429,838台と、これも2015年の390,466台から増加しています。

出荷の増加

出荷業務の増大が予想されるなかで、トラック輸送の需要が増大しています。最終的には輸送業者の収益増となるでしょう。しかし、増収には、予想される運転手不足と、賃金と燃料価格の上昇が伴います。燃料価格の変動、運転手不足、トラック輸送率の上昇、トラック輸送能力の欠如は、今後数年間でトラック業界が直面するであろう重要な課題となるでしょう。

排出要件に応える電動/ハイブリッド車

世界各地のCO2排出量上限を順守するため、バッテリ型電気トラック(BEB)や代替燃料で走行するバス(ハイブリッドバス)の開発が増加しています。バスやトラックのEV化には、構造設計の変更を伴います。電気モータがホイールに搭載され、車両構造に内蔵したバッテリパックや燃料電池装置に接続されます。

世界の電気トラック市場は、2025年までに各地で販売されるトラックの10~15%を占めることが予想されます。

安全性の需要が自律運転トラック市場を動かす

高まる安全への要求は、自動運転トラック市場の世界的な拡大を促進しています。この市場は2018~2023年までのCAGR(年平均成長率)が5.8%と予想されており、その背景にあるのが商用車における先端技術の普及拡大です。

トラックを巻き込む乗客と歩行者の死亡率は、世界の自動車メーカーと政府にとって大きな問題です。2014~2017年のトラック事故の総数の90%は人的過失が原因とされ、運転時のヒューマンエラーを防止することが自動車メーカーの重要課題となっています。

ADAS機能が必須に

ヒューマンエラーによる事故の可能性を減らすため、多くの国で新型トラックには、レーン警告システムや自動緊急ブレーキなどのADAS(先進運転支援システム)機能が搭載されています。

欧州委員会は2009年に一般安全規制661/2009/ECによって初めて規制を打ち出し、2015年11月1日より上記の2つのADAS機能を新規の商用車両に必須としました。

欧州の自動車産業の流れを受け、北米やアジアなど他の地域も同じ対策をとり、世界市場で半自律式トラックの生産が大幅に増えています。

トレンド

説明

トラックメーカーへの影響

生産への影響

トラックプラトーン運行

自動運転のようなコネクティビティテクノロジを利用して、グループ内の2台以上のトラックを接続する人工知能、およびアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどの支援システム

生産されるトラック車種の拡大。センサーやモジュール(ソフトウェアを含む)の搭載

1つの生産ラインで異なる市場向けのトラックを生産するために柔軟性向上のニーズが拡大

電力/燃料電池駆動のトラック

排出規制に対応するために高度なエンジン技術と後処理装置が必要

トラックのデザインが変わります。車輪、バッテリーパックおよび/または燃料電池ユニットに接続された電気モーターはトラック構造に統合される必要があります。

ニーズ:バッテリや燃料電池の製造方法に関する知識と設備。トラックの設計変更に伴い、すべての車種を1つの生産ラインで製造する柔軟性

電動/ハイブリッドバス

世界で都市化が進む中、CO2排出規制に対応するため、バッテリ式電動バス(BEB)と代替燃料駆動バス(ハイブリッドバス)の導入が必要とされます。

バスの設計が変わります。電気モータをホイールに接続し、バッテリパックや燃料電池ユニットを車両構造に組み込む必要があります。

ニーズ:バッテリや燃料電池の製造方法に関する知識と設備。すべての車種を製造できる柔軟性。新設計の車両を製造するための新しい生産設備とプロセス

インテリジェント輸送

統合型のモビリティソリューションは、移動ルートや輸送方式の検索、スケジュール、予約、経路や支払いの確認などの機能を含みます。インテリジェントな公共輸送の交通システムには、CCTVカメラ、GPSデバイス、デジタルディスプレイ、停車の自動通知、
Wi-Fiデバイスが含まれます。

生産されるトラック車種の拡大。センサー、ソフトウェア、その他装置の搭載で複雑さが増加

1つの生産ラインでさまざまなトラックのバリエーションを生産するために柔軟性の向上ニーズが拡大。非常に高度な製造装置が必要

自律式の安全な運転

多くのトラック/バスメーカーが自律トラック/バス技術を目指しており、トラックに導入されるテクノロジーが増加

生産されるトラック車種の拡大。センサー、ソフトウェア、その他装置の搭載で複雑さが増加

さまざまな車種を1つの生産ラインで製造する高い柔軟性

敏感な顧客、競争市場

顧客の厳しい目がトラックやバスの信頼性、品質、効率を含めた総所有コストに向けられ、トラックブランドのアフターサポート品質とパフォーマンスがブランドイメージとカスタマーロイヤルティを左右します。

生産ラインの品質、柔軟性、生産性向上には高度な生産方式が必要。リーンでエルゴノミクスに配慮した生産ラインは作業者の健康を支え、疾病、仕事による健康障害、ストレスを減少。ストレスの少ない環境は、製品品質を向上させます。

効率的な生産により企業の営業利益が増す。保証と品質にかかるコストが減り、結果としてブランドイメージが向上します。