Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション
ガラス取り付け

最終組み立て時のガラス取り付け

最終組み立て時のガラス取り付けに関する詳細をご覧ください

詳細を問い合わせる

ガラス取り付けの課題:

ウィンドウのサイズが大きくなり、枚数が増える傾向に伴い、最終組み立てラインでは安定したガラス取り付けが求められるようになっています。接合したジョイントは防水性があり、振動を吸収し、自動車構造の強度を高めることが条件です。アトラスコプコは、生産ステップによく使われる三角形のビード形状を高い信頼性で塗布する技術を提供しています。

フロントガラスの取り付け

成形ビード

ガラス取り付け用成形ビード

車体にウィンドウを取り付けるには、成形ビードが使われます。ビードの高さと形状により、ウィンドウを接着剤にプレスして、車体とウィンドウとの間を均等に接着します。このジョイントは、水漏れを防止するよう完全に密閉されます。

ガラス取り付けには、1成分系(1C)、1C系速乾、2成分系(2C)の接着剤が使われます。

1成分系(1C)

1C系は、メーカーの現場の周囲環境が一定している場合によく利用されます。一定の湿度により再現性が高く、すばやく硬化します。1C系は、少量生産で、工程の各ステップ間の往復時間が十分にある場合にも使われます。

1C系速乾

1C系速乾は、往復時間が短い少量生産で利用されるソリューションです。硬化を周囲空気の条件だけに頼るのではなく、速乾ペーストをベース成分に混合しています。この接着剤は、通常の1C系よりも短時間で硬化するため、モジュールを車体に短時間で接合できるという利点があります。

2成分系(2C)

ガラスに2C系を選択する決定要因となるのは、サイクルタイムの短縮です。ウィンドウを取り付ける際、動的な塗布性能が不可欠です。SCA製品ラインでは、各用途に応じて、接着工程のマテリアルフローを調整できます。そのため、稼働時間の改善と生産の迅速化を合わせて達成できます。

その他の最終組み立て用途: