Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション
トリム部品

最終組み立て時のトリム部品ソリューション

最終組み立てでは、空気力学性能や外観を向上するため、多くの小さな部品(一部はプラスチックまたはアルミニウム製)が車体に取り付けられます

詳細を問い合わせる

トリム部品取り付けの課題:

接着剤で接合が必要となる一般的なトリム部品には、スポイラー、バンパー、フロントエンド、テールゲート、アンテナなどがあります。トリム部品の取り付けでは、こうした部品がごく薄いプラスチック製であるにも関わらず、しっかりと取り付けて、運転中の振動や逆境に耐久できるようにするという課題があります。

トリム部品の取り付け

車体へのアンテナ取り付け

トリム部品を車体に接合する際には、高い信頼性でジョイントが見えないように接合するという課題があります。薄いプラスチック製の部品は非常に熱に弱く、歪みが生じやすいという難点があります。ビードが外から見える状態は避けなければなりません。アトラスコプコのSCA製品ラインのエキスパートは、豊富な知識を通じてこうした問題の解決をお手伝いします。弊社のダイナミックミキサーは、2C系接着剤を高い品質で混合します。そのため、材料の消費を抑えるとともに、接合をより短時間で実施し、安全なジョイントに仕上げます。

最終組み立ての標準ビード

物理的な硬化機構がないため、2C系接着剤が選択されます。2C系接着剤を使う際には、硬化後の品質が損なわれないよう、マテリアルフローをうまく調整し、正確な比率で混合することが重要です。


アトラスコプコのSCA製品ラインには、柔軟な計量システムが搭載されており、各成分のマテリアルフローを個別に調整できるため、こうした問題を解決できます。2C系を使う際のもう1つの課題は、一定の温度で材料を保管することです。材料が過度に高温になると、接着剤がごく短時間で硬化し、開封時間の変更が必要になります。そのため、サイクルタイムが中断され、非稼働時間が発生することになります。弊社のハイブリッドペルチェ技術と水冷ホースを使うと、高温の環境でも品質を一定に維持できます。アトラスコプコは、お客様の所在地に関わらず、お客様に最高のサービスを提供いたします。

その他の最終組み立て用途: