アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

収益性を向上させるステップ

生産ラインの柔軟性を高める

既存のトラック生産ラインは、トランスデューサ内蔵電動ツールに変えることで、より柔軟なプロセスへと改造が可能です。最善の方法は、複数のセットアップに対応したトレーサブルツールを使用することです。1台のトレーサブル電動ツールを数台の空気ツールや旧式電動ツールの代わりに使用することで、整備コストが減り、同時によりリーンな生産を実現できます。
生産ラインのタクトタイムを短縮し、将来の拡大する需要に備えましょう。電動ツールへの変更は、生産時間を最小に抑えることができ、生産を最適化する手段となります。

電動ツールのメリット

   
ツールをリーンに 1台の電動ツールが複数の空気ツールに代わる
生産の品質向上 より精度の高いトランスデューサ内蔵電動ツールがトレース可能なデータをデータリポジトリに送り、インダストリー4.0に備える
トラックの品質向上 – アフターセールス市場への影響 製造当初より品質を向上することでお客様にとっての品質向上と保証コストの縮小を実現
エルゴノミクスの向上 ホースやケーブルが少ないほうが、転倒の危険が減ります。電動ツールは静かで、振動が最小限です。空気中のオイルが減れば、作業者の肺や生産するトラックにとってもプラスです。トルクレンチが不要になります。
エネルギーコストの削減 エネルギーコストを最小に減らして、環境への影響を大きく改善できます。
生産性 多くのインパクトレンチはソフトジョイントに用いられ、パルスの加わる時間が長くなります。電動ツールは、締付速度が遅くてもたいがいは高速で締付できます。クリックレンチとインパクトレンチを一緒に使うのは時間のかかる二度手間であり、なくすべきです。
締付精度 締付をチェックするときに、クリックレンチが動かないことがよくあります。このような場合、ボルトが壊れていて、組み立てている部品にとって正しいクランプ力が伝わらないのかもしれません。ジョイントの緩みなど品質の問題が多くはこれが原因です。

品質の保証 – 初期段階から高品質製造

電動ツールと融合したスマートソリューションがトラックの組立プロセスを誘導し、作業者が用途に正しいツールを選択可能になります。トランスデューサ内蔵電動ツールにより、データリポジトリのデータがトレーサブルになります。

ステーションですぐにエラーを修正できない場合は、接続されたリワークステーションが自動でリワークに関する情報を伝え、どの作業にどのツールを使用するかを作業者に知らせます。ライン最後の品質ゲートでトラックを無作為に調べて、重要部品を変更サイクルでチェックできます。ツールが接続されたモニターで、品質ゲートの正しい品質テスト手順が作業者を支援します。

高品質のデータがインダストリー4.0の鍵

最先端の品質保証システムが、VDI/VDE 2645-2、ISO 5393およびISO 6789などの基準と連携した循環的な製造設備のテスト手順を定義することで、完全なトラック製造プロセスを支援します。

今日のQAオペレーティングシステムが、製造プロセスを最適化するためにプラント管理が必要とする基準や標準に従ってレポートを作成します。データを保管するのはトレーサビリティのため、そして製造機器セットアップの調整のためです。データが解析される製造機器とつながったデータ主導型スマート接続ソフトウェアソリューションがステータスレポートを提供し、生産プロセス改善のための提案を行います。今日のトラック製造では、インダストリー4.0に対応した製造環境へと移行するために高品質のデータが鍵を握ります。

リーンな仕事環境を構築

トラックの製造にリーンの原則を適用することで生産性を高めることができます。これには、さまざまなトラックモデルの生産に必要な生産設備を最小に減らすことが含まれます。

リーンなツール:1台の電動ツールでも、異なるトルク設定を用いることでたいがいは複数の空気ツールに取って代わることが可能です。多くのトランスデューサ内蔵電動ツールはワイヤレス式のバッテリ駆動タイプであり、エアホースに伴う転倒の危険や、ケーブル管理の必要がありません。ステーションへの設置コストも縮小し、作業エリアをきれいに整頓することができ、作業者が作業を把握しやすく、トラック製造時のストレスを減らせます。

リーンロジスティクス:作業者はトラックの組立に使用するツールや部品を取りに行くために必要以上の距離を歩くことがあってはなりません。部品はトラックの組立箇所のステーションに配置し、作業者が必要なときに手が届くようにする必要があります。アトラスコプコをはじめとする多くのコンサルティング企業が行うプラント監査では、不必要なオペレーションを減らすことで、よりリーンな生産オペレーションをいかに実現するかを指摘します。

人間工学的に優れたプラントを目指す

優れたツール、ワークステーション、人間工学的に優れたプラントは、生産性向上のために不可欠です。車両の組立ステーションでは、騒音や振動が代表的なストレスの要因です。EUの規制では、作業者に長期の聴覚障害が生じないよう騒音を85 dB(A)に制限しています。生産設備は、作業者を長期の健康障害から守るため、法により振動レベルが8時間シフトの累計で2.5 m/s2未満と定められています。

転倒の危険、空気中のオイル、長く重いトルクレンチは作業者にストレスを与え、長期にわたる骨格や肺の障害の原因となりえます。空気ツールから電動ツールへと変更することで、これらの問題を避けることができます。健康的な環境は作業への集中と意欲を高め、作業の質を高めます。

熟練した作業者がエルゴノミクスの不足した職場で負傷したり病気になると、その代わりを務める新たな人員のトレーニングが必要となり、新たなコストがかかります。長期の疾患や健康問題になれば、雇用者は補償を支払ったり安全な仕事環境を新たに用意しなければなりません。このような作業者はたいがいはサポート業務に移りますが、こうした業務はふつうはよりコスト効率よく仕事できる外部の会社に外注されるものです。

ハイブリッドジョイントを考える – リベット/接着剤/締付

今後数年間のトラックの構造設計の変化にともない、トラックの電気化が進むでしょう。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンに代わってトラックのホイールに電動モータが取付けられ、重量800 kgのバッテリがフレームに搭載されるでしょう。燃料電池がフレームやキャビンエリアに取り付けられるでしょう。

トラックの重量を減らしてエネルギー消費量が減るようにするため、複合素材の使用量が増えるでしょう。複合型のジョイント方式を開発する必要があります。これには、リベット操作、接着操作、締付操作の交換システムを備えたロボットが使用されます。

バッテリの製造には専門知識が必要

バッテリの製造には、接着剤、リベット止め、コントロールされた締付のほか、スクリュフィードシステムを使用したフロードリル操作が必要です。ギャップ充填剤や熱伝導充填剤を均一に圧搾してバッテリスタックの下の泡が完全になくなるようにするための専門知識も要求されます。

お客様の知識とソリューションプロバイダの知識を融合して、カスタマイズされた方式を開発する必要があります。アトラスコプコの例では、主要企業と連携してバッテリ製造やその他のプロセスに特有の自動化された生産シーケンスを開発しています。

ツールは整備が必要

生産を維持してツールを生産ラインで利用できるようにするために、ツールは整備が必要です。ツールのメンテナンスが不十分なために生産が停止すると、生産フロー全体が止まることになり、高くついてしまいます。多くのトラックメーカーが、現場で整備スケジュールを計画してくれる会社の協力を受けています。

適切にメンテナンスされ、多くのテストがなされたツールが、望ましい品質を実現します。トラックメーカーはトラックの生産に、設備サービスプロバイダはツールの最適な性能を維持することに集中すべきです。サービスプロバイダに相談することで、バスやトラックのメーカーは特定のKPIの監視を規定できます。これにより生まれる新たな節約額を、サービスプログラムを実施する前のメンテナンスコストと比較してみましょう。

お客様が必要とする技術サポートとソリューション

私たちがサポートする最先端の組立ソリューション、品質保証ソフトウェア、ワークフローソリューションは、お客様の生産環境のあらゆる要素を考慮し、人間工学を重視しています。最高品質の製品を提供し、ブランドイメージを高めて、多くのお客様に満足いただくことで、市場シェアの拡大を目指します。