アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

トラックやバス業界の世界の動向と課題

アトラスコプコ製品とソリューションのすべて

エキスパートに問い合わせる 組立ソリューションのエキスパートハブをご覧ください。

概要

輸送関連セグメントの中で、トラックとバスのサプライヤとメーカーは、技術の進歩と投資が最も進んでいる分野です。このセグメントの主な動向をこちらにいくつか示しましたが、その中でもメーカーに大変革をもたらす要因となるのは、軽量電気、ハイブリッドおよび燃料電池駆動の車両に対する需要が急増している点です。また、自律型トラックの開発の需要も高まっています。

燃料電池駆動の電気トラック、電気/ハイブリッドバス

世界各地のCO2排出量上限を順守するため、バッテリ型電気トラック(BEB)や代替燃料で走行するバス(ハイブリッドバス)の開発が増加しています。バスやトラックのEV化には、構造設計の変更を伴います。電気モータがホイールに搭載され、車両構造に内蔵したバッテリパックや燃料電池装置に接続されます。

自律型トラック、安全性

トラックの安全運転への要望の高まりによって開発が進んでいる半自律型/全自律型トラックでは、必要となる人的操作が最小限で、運転における操作エラーの可能性がごくわずかです。もう1つの重要な要因は、トラック運転手不足と相まってトラック輸送能力の需要増加です。この傾向は、既存のメーカーと新たな参入者による投資を増大させることになるでしょう。

トラックプラトーン運行

燃料を節約するため、自律運転、人工知能などの接続技術、ならびに適応走行制御、車線維持支援などの支援システムを使って複数台のトラックをつなげて1つのグループにします。これによって、先頭の車両では最大10%、真ん中の車両では最大17%、最後尾の車両では最大13%と、大幅な省エネが期待できます。

インテリジェント輸送

統合モビリティソリューションには、行程検索、輸送モード、スケジュール確認、予約、経路設定、支払などの機能が含まれています。トラックメーカーは、これによってトラックの生産車種を増やし、高度な生産機器に投資することができます。

敏感な顧客、熾烈な競争市場

このセグメントの顧客が関心を抱いているのは、トラックやバスの信頼性、品質、効率を含めた総所有コストです。トラックブランドのアフターサポートの品質と性能が、ブランドのイメージとカスタマーロイヤルティを左右します。

このようなトレンドと課題に、世界中のトラックとバスメーカーが直面しています。アトラスコプコは、これらに対するソリューションをご用意しています。こちらから詳細をご覧ください。