アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

一般産業機械組立ラインの未来にとってコアとなるステップは、工程をつなげて統合することです。

例えば、コンプレッサ製造業者のような多くの一般的な組立工場では、ひとつのステーション内で複数の組立作業が行われている現場に良く遭遇します。結果として、ステーション周辺はかなりの量のハードウェアでスペースが占領されているため、多様な製品を組立てる柔軟性が奪われ、作業者が適切なツールを使って正しく作業するのを困難にし、生産性へも影響しています。

そこへ到達するために不可欠な要因:

バーチャルステーションは、様々な機能を備えたコントローラボックスに置き換えることができるため、柔軟性が高まり、ライン全体を通してステーションのバランス調整が簡単になります。バーチャルステーションコンセプトは、ステーション毎のハードウェア数を減らして、簡単でリーンな作業環境を作り出します。

小さなラインで様々な種類の製品を生産する場合、作業者への影響を最低限に抑え製品品質を維持するには、各ステーションでMESシステムから事前に割り当てられた各一連作業が行われ、工程は最高レベルで管理されることが重要です。

組立工程の明確な指示が作業者に提供され、すべての作業が正しく実施される事で、人為ミスを排除し、作業者と機械が複雑な生産システムの中でも円滑に相互作用できるよう支援します。

特定のアプリケーションごとに適切なツールを選択することが重要です。これに加え、ツールは各アプリケーションに対して正しい機能を持っていなければなりません。ツールと機能を様々に組み合わせて、機能を簡単に有効または無効にできれば、効率的にリソースを活用し、トレーサビリティを確保して、データを収集できます。

組立工程全体を通し、スマートツールによって生成されたデータを収集、蓄積した後の重要なステップは、収集したデータを分析して利用することです。データは、インダストリー4.0への変革で最も強力な部分を担います。

収集されたデータは、組立工程に多くの価値を提供します。例えば、組立工程を改善し、不具合を防ぐ通知や提案が得られることです。ツールのスタートアップから最終締付まで、フルカバーされるサービスプログラムもご用意しています。

インダストリー4.0対応のコンプレッサ組立ライン

アトラスコプコの実例:同時に複数の製品を組立するコンプレッサ製造ライン

未来の一般産業機械組立ラインにとってコアとなるステップは、工程をつなげて統合することです。

例えば、コンプレッサ製造業者のような多くの一般的な組立工場では、ひとつのステーション内で複数の組立作業が行われている現場に良く遭遇します。結果として、ステーション周辺はかなりの量のハードウェアでスペースが占領されているため、多様な製品を組立てる柔軟性が奪われ、作業者が適切なツールを使って正しく作業するのを困難にし、生産性へも影響しています。

お問い合わせください

Loading...