MicroTorque MT F6000ハンドヘルドスクリュードライバ

スマートに繋がり、しかも効率的な電動スクリュドライバシステム

お問い合わせ

そのシステムはスマートです

MT Focus 6000を導入してプロセスを完全に制御し、品質改善と締付けプロセスの最適化を実現しましょう。コンパクトなシステムながら、ねじ浮き、ねじ山の損傷、不十分なトルクなどの締付けの不具合をなくします。さらに、プロセスの異常を検出して、締付けに関する情報だけではなく、組み立てプロセス全体の貴重な情報を提供します

そのシステムは繋がっています

非稼動時間とセットアップ時間を短くし、最大限のトレーサビリティを確保して、数多く用意された通信ポートの1つを使ってあらゆるシステムと統合しましょう。締付けプロセスに異常があれば、どこからでも即対応できます。バーコードスキャナとRFIDリーダをコントローラに直接接続すれば、トレース機能、オペレータのアクセスレベル管理、不合格処理追加が可能です。このすべてがMT F6000の導入で実現します

そのシステムは効率的です

生産性と柔軟性の両立が非常に簡単になりました。MT F6000のセットアップ時間は最短です。サイクルタイムが短くなる一方で高い品質を維持でき、どんなタイプのジョイントにも対応できるよう締付け方法をカスタマイズできます。さらに複数の締付け方法を組み合わせることで、PLCが不要になるかもしれません。最高の生産性を最大の柔軟性で発揮できる唯一のツールです

コスト削減

MicroTorqueハンドヘルドシステムの機能を活用すると、コストを確実に削減できます。先進の締付け戦略により、廃棄コストと再加工コストを最低限に抑えます。豊富なデータレポートとデータ利用機能でプロセスの改善を推進し、正確で詳細なリアルタイム情報を使ったグラフ分析を基に、意思決定を導きます

操作しやすい

MicroTorqueハンドヘルドシリーズはすべての機能を装備しているだけではなく、人間工学を取り入れた、軽量でコンパクトなスクリュドライバシステムです。改良方式やカスタマイズ方式のセットアップ、バッチカウントによる締付けの追跡、数多くの通信ポートとオペレータによる視覚フィードバックで行なわれる各ステップの波形と結果のレポートが、とても簡単な操作で入手できるようになりました

ポカヨケ

MicroTorqueハンドヘルドシステムにより、締付け工程にポカヨケを導入できます。着座点監視機能、ビットスリップ検出、ネジバカ検出、トルクと角度の上下限制御により締付け不具合を検出でき、お客様にとって最適なツールとソリューションとなります。MicroTorque手持ちシステムにより、組み立てプロセスの完全制御が可能になります

バッチシーケンスでプロセスにポカヨケ導入

作業手順を制御して、締付け時のエラーを排除し、バッチシーケンスで品質を確保します

アトラスコプコのMicroTorque手持ちソリューション

Loading...

最先端の締付け方式で品質と生産性を最大に

トルク着座点監視機能を使うと、MT F6000はトルク精度が向上し、クランプトルクが安定するので、締付け不具合がなくなります

アトラスコプコのMicroTorque製品

Loading...

遠隔でプログラムを設定できることで完全な接続性と制御を実現

プログラムの遠隔操作機能を使うと、どこからでもコントローラにアクセスできるため、常にコントローラを完全に制御できます

アトラスコプコのMicroTorque製品

Loading...

MTF6000とToolsNet8を組み合わせて、トレーサビリティとプロセス制御を向上させ、コストを削減します

MTF6000とToolsNet8を組み合わせると、インダストリー4.0への移行を推進できます。この構成は最高の透明性を実現し、継続的に改善を推進します

アトラスコプコのMicroTorque製品

Loading...

MicroTorque MTF6000リーフレットをダウンロードしてください。

  • MicroTorque Tightening 8.5 MB, PDF